スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラグビーワールドカップ開幕。そのとき僕は。

唐突ではあるが僕には運が無い。なんだか得をしていそうな風貌だがそんなことはない。東京オリンピックのチケット然り大概の当てもんで当選したためしがない。日頃の行ないが良くないという叱咤激励は特に必要ない(!)が、それでもたまにはね、と思ってしまう自分が恨めしい。

遂にというか日本初開催のラグビーワールドカップが開幕した。当然のことながらチケットは全く取れていない。SNSなどを見ていると多くのアミーゴが東京スタジアムに集まっているようだったが、僕はその時間帯に歓送迎会に参加していた。そんな状況もあり、今朝、試合を見ている。
試合を現地観戦した経験が言うほど無い僕ではあるが、若い頃は花園ラグビー場に行ったりしていたことを今も思い出す。ドラマ「スクールウォーズ」や最近では「ノーサイドゲーム」なども全部見ているが、ラグビーフットボールのルールなどはそれほど分かっていない素人でもある。
それにしても気持ちが良いのはスクラム、モール、ラックというチームプレーだ。サッカーのそれとはまた違った”ひとつになって戦う姿”を垣間見せてくれる。また日本出身選手だけでなく多国籍な選手構成となっているラグビー日本代表という存在も、多様性を感じさせてくれる。
なんだか現地で見たくなってきた。それでも僕なんかよりも本当にラグビーフットボールを愛している方がひとりでも多く観戦できたらなと感じるので、その方々にチケットが回るようにと願う。僕はテレビでも充分楽しめる(チケット取れないだけでしょと強がりな姿でもある)。

そういや今回の歓送迎会。またひとりメンバーが去ってしまう。出会いと別れが人生には存在するが、これが終わりではなくここから始まるのだ。どんな場所でもどんな環境でもチームはいつでもひとつになれる。だからノーサイドはまだまだ先なのだ。僕らも、ラグビー日本代表も。

※頑張れニッポン。 ※引き続きサッカーショップ蹴球堂ではチャリティー販売を実施しています。どうぞよろしくお願いします。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

最近の投稿

やりたいことがITで実現できる時代に。

先日、こんな記事を見た。スタジアムでのファンの熱狂度を見える化して活用する実証実験を行なうニュースだった。実のところ6年前くらいに似たようなアプリケーションサービスを考えて資料化していたのだが、当時は技術的に追いついていなかったために実現が非常に難しかった。

このように今日ではIT社会の劇的な変動によって、今まで出来なかったことが比較的簡単かつ安価に出来るようになったと感じる(上記の内容が簡単安価だと言っているわけではなく)。そして、多くのサービスやアプリケーション、IoTの普及がかなり後押ししていると言えるだろう。

いま、一般的に主流となってきているクラウドサービスやアプリケーションを総体的に見ていて感じるのは、コンシューマ(一般ユーザー)から派生または急激な変化を繰り返したのちに、ガバメントやエンタープライズ(企業などの組織)へと拡張するケースが非常に多いことだ。

個人がHotmailやGmailを使いこなせるようになったことで、Office365やGoogle Apps(現G Suite)といったエンタープライズスイートは普及したのだろうし、その使い方は今も共存している。若者は既にGoogleサービスをフル活用しており、教育時間が極端に削減できている気もする。

簡単にITの知識が手に入るこの時代。依存度が高くなればなるほどExitが難しくなるのではあるが、使わない理由は存在しない。初心者でも書けるプログラム、今までモヤモヤしていた自分の考えや「こうすればもっと便利になるのに」という感情を隠す必要がなくなりつつあるのだ。

そんな、やりたいことがITで実現できる時代になったにも関わらず、「やりたいことが見つけられない」「やりたいことを言っても拒否される」「やりたいことがあってもどうしようもない」という流れが実に多いこの世の中。残念とまでは言わないが、実にもったいないと思っている。

これは何も”ないものねだり”なのではなく、考え方次第でいくらでも可能性を秘めているそんな時代なのだと声を大にして言いたいのだ。テクノロジーは世界を社会を変えると思うが、身の回りを変えられる、個人のちょっとした”やりたいこと”が自分の世界に変化をもたらすはずだ。

道半ばではあるのだが、ここからの先に僕が目指していきたいこと。企業や組織のなかで「やりたいことを見つけたい」「やりたいことを言…

「『羨ましい』とか、うるせえ」。

「セレッソ、強くなったね」とよく言われるが、そんなことは決して無い。昨日の天皇杯は見ていないがおおよそ試合内容に想像がつく。良いときと悪いときのバランス、それが前者のほうに少し寄っただけだ。他クラブの立場から見てもそれほど羨ましがられるレベルではないのだ。

それにしてもだ。僕がファシリテーションをしているとその振る舞いが「羨ましい」という言葉をかけられたりする。う、うん。なんだろう。確かに、楽しそうではあるだろうしそう見せたいとは常々意識しているが、この「羨ましい」が正しい表現かどうか悩むことがしばしばある。

浦和戦で素晴らしいゴラッソを決めた(DAZNベストゴールにもなった)田中亜土夢選手のインタビュー記事を読んだ。試合に出られないことやベンチでの日々、アンダーカテゴリーでの出場などの悔しい気持ちを隠さずに語る内容に、「あ、プロなんだな、この人」と素直に共感した。

プロとは一体なんだろう。どんな世界であっても常に考えておかなきゃならないこの問いに「羨ましい」という気持ちは必要だろうか、それとも否か。プロ野球界で「お前、野手だからポジションいっぱいで良いよな、羨ましいな」というピッチャーは果たして存在するのだろうか。

自分が持っていないものを相手が持っている。自分ができないことを相手ができてしまう。そんな風にいつも相手と自分を比較してしまうこの感情をどうコントロールするかで「羨ましい」と思わないようになれるかもしれない。もっと自分を好きになるってことなのかもしれない。

とは言え、そんな御託を並べている僕にしたって、やっぱりこの「羨ましい」感情が無いわけではない。正直な思いは隠さないほうだが、おおっ広げに口に出さないだけだ。これをやせ我慢と見るかそうじゃないかは個人の思いにもよるだろう。だから今から僕は自分自身にこう叫ぶ。

「『羨ましい』とか、うるせえ」(でも言ってしまうんだろうけど(笑))。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

※豪邸が立ち並ぶ中野区。う、羨ましく、ね、ねーずら・・・。

神輿は担がない。

唐突だが、この時期になると神輿が動き回る現象が首都東京という街に出没してくる。大阪にはだんじり祭りなども存在しているのだが、僕の生まれ故郷である大正区で自分自身が神輿を担いだ記憶は全然無いし、そもそも神輿自体を感じたことはほぼ皆無だ。この違いはなんだ。

半年前まで11年間住んでいた墨田区でも、5年に1度は大祭と銘打ってはいるものの毎年のように途方も無い数の神輿がマンション前を威風堂々と闊歩していたことを思い出す。声と太鼓(!)などが織り交ぜられ音楽を奏でながら、次から次へと多くの方々が過ぎ去っていくさま。

ここ中野区でも同様の状況である。老若男女問わず揃いのハッピで身を固め神輿と共に歩く姿を横目で見ながら、僕はスキマ時間を利用して髪の毛を切りに行くことにした。いつもならしばらく待つことが義務付けられているのだが、意外と空いている。これは少しツイているな。

「毎年、当日になるとこうです。先週は凄かったんですけどね」ハサミを入れながらスタッフのお姉さんが声をかけてくれた。祭りという存在は当然のことながら街の経済にも影響するのだろう。そんな会話をふたつみっつしていたら、あっという間にさっぱりする時間は終了した。

人が集まる場所が僕はあまり好きではないこの性格。こんなだからいつまで経っても街に馴染めないのは自分でも分かっている。神輿を見るたびにそんなことを考えさせられるのだ。「一度担いでみてはどうですか」お姉さんに叱咤激励を受ける。うん、それは無いでしょうと一言。

やはり、神輿も人も担ぎ担がれるのは好きじゃない。そんな状況は言うほど気持ちの良いものではないのだが、かと言って放っておかれるとそれはそれで寂しい気持ちになる(笑)。何という曖昧で貧弱な感情なのだと自分自身を見越して笑けてしまうが、それもそれでなんか、良い。

※誰が上手く言えと。

※引き続きサッカーショップ蹴球堂ではチャリティー販売を実施しています。どうぞよろしくお願いします。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

「自分自身」をシリアスプレイすることで生まれる何か。

僕が「LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテーター」となってちょうど一年となった9月17日。ありがたいことに過去のこの日を思い出させてくれるフェイスブックは実に素敵なツールだ。どこまで使うかは不明だがまだ当分お世話になるだろう。

先週金曜日。東京五反田で行なわれたワークショップに、ファシリテーターとして声をかけていただいた。これもフェイスブックがつないでくれたご縁かもしれないが、僕がレゴ®シリアスプレイ®のファシリテーションを行なっている様(投稿)を見て、誘っていただけたのだと思う。

今回はある特定分野における「自分自身」の特性や考え方や他者から見た付き合い方、そして目指すべき方向性をその作品群から導き出すというワークにさせていただいた。作品に個性が溢れ、個人個人の考え方を尊重したダイアログが生まれた素晴らしいシリアスプレイだった。

誰にとっても簡単でブロック同士をくっつけていくだけで完成する作品。スキルとチャレンジのバランスに調和が生まれてくる。作るにつれて更に感性が研ぎ澄まされ、各人がフローな状態に入っていく。作品の完成度が問題ではない。作品は既に「自分自身」へと変貌している。

レゴブロックくらい「自分自身」を忠実に表現することができるツールは、今のところ僕の周りでは見当たらない。そしてその思いを熱く伝えるのがファシリテーターとしての僕の役割でもある。今回もヒートアップしてしまったのだが、あくまでも主役は参加者である皆さんだ。

僕の技量ではまだまだ人を変えられないかもしれない(そもそも人を変えようとは思っていない、人は自分で変わろうとした瞬間に変わる)が、レゴは少しだけその手助けをしてくれるのだと今回も気付かされた。シリアスプレイ(真剣に遊ぶ)ことの重要性を改めて感じている。

「自分自身」をシリアスプレイすることで何かが生まれたのなら、これから先の道筋に僅かでも光が見えたのなら、それは実にファシリテーター冥利に尽きるというものだ。考えを形にする、形から考える。今、ようやく形として目の前に誕生した瞬間だ。それを心に留めるのだ。

※引き続きサッカーショップ蹴球堂ではチャリティー販売を実施しています。どうぞよろしくお願いします。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

台風15号により被害を受けた方々へ。今できることを今行なう。

前回と同じようなスタートになるのかもしれないが、僕らの日本にはJリーグという素晴らしい仕組みがある。日本全国に50を超えるクラブが存在し、共に手を取り、日本サッカーの発展を目指して頑張ってきたし、今もそれは継続されている。クラブとクラブの友情も勿論である。
サッカーショップ蹴球堂長居店はセレッソ大阪だけでなく、そんな多くのJリーグクラブのファン、サポーターにも支えられてここまで来た。今はWebサイトだけで運営をしているのだが、その気持ちだけはずっと変わらず今ここにある。だからこそ僕らは今も存在し続けられている。

そんななか。台風15号の被害が甚大な千葉県。その千葉に本拠地を置くジェフユナイテッド市原・千葉ホームタウンの被害状況と不足物資についての詳細を「ジェフサポーター有志の会」から聞いた。僕が思っている以上に厳しい環境に置かれていることに、改めて気付かされた。

何かできることをと思っていたらセレッソ大阪ゴール裏サポーター有志も動き出しているようだ。蹴球堂としても少しでもチカラになれればと思いチャリティー商品の販売を開始した。微力ではある。だがその微力を結集して被害を受けた方々へのサポートができればと考えている。

既に数名のサポーターの方からご購入いただいたこともあり早速ブルーシートなどを手配した。セレッソファンとしても若い頃から多くのサッカー、Jリーグファンから支援を貰ったりした。今できることを今行なうのが僕らのやり方だ。皆様のご協力、どうぞよろしくお願いします。

サッカーショップ蹴球堂BASE店

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

#サッカー は #Jリーグ は仲間の絆を作る。

やはり、サッカーはJリーグは仲間の絆を作っていく。同じサッカークラブを愛する者同士のコミュニティのなかでつながっていく仲間。学校や会社といった組織とはまた違った人間関係。しがらみの無い環境を構築していく。僕はこの何とも言えない感覚が好きで好きでたまらない。
学校で何があろうと会社でどんなにミスをしても、スタジアムではそんなものは何の関係ない。ただただ自分たちの好きなクラブを応援し、目の前に存在する勝ち負けに一喜一憂する。笑顔も涙も、たったひとつの共通項にだけ反応していく。そういう生き方を僕らは愛しているのだ。
多くの若い仲間とも出会った。未就学児や小学生、中学生、高校生サポーターも数多く見てきた。果たして彼ら彼女らが学校でどんな状況だったのかは知る由もない。しかしながらファン、サポーターとして見たならば、それはあまり大したことではないのだと僕は今でも思っている。
昨日、もう20年以上の付き合いになるアミーゴがチームに帯同して横浜まで来るということだったので晩飯を食うことにした(とは言えU-50としてはそれほど食えない)。今のこと、健康のこと、他のアミーゴのこと。そして”あの頃”のこと。二人きりの同窓会は大いに盛り上がった。
確かにファンやサポーターでいるだけでは幸せになれないのかもしれない。でも人生を豊かにしてくれるかもしれない。本当の仲間に出会えるのかもしれない。学生生活や会社員、そんなものに疲れたら、是非スタジアムに来てほしい。サッカーを見て応援して楽しんでみてほしい。
スタジアムにも同様の状況があるのも否定はしないがそれ以上に得られるものは多い。お互い、時間が経ってぬるくなった烏龍茶を飲みながらそんなことを思い描いていた。あの頃のまま歳だけ重ねた。僕らは常につながっている。何度でも言う。サッカーはJリーグは仲間の絆を作る。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP
※49のオッサンズがストローで烏龍茶。 ※そして手羽先はマストアイテム。