スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

右利き社会の「左利きの日」。レフティを堪能せよ。

夢の中までどうかは分からないが生まれたときから左利きだった。子供の頃に得したことがあったかなんて憶えちゃいないが、格好いいだろ〜とスギちゃん張りだったのだけは思い出せる。しかし大人になってからはサウスポーというものが役に立たないと感じる。

今の状況はというと字を書くのとマウス以外はほぼ左手で行なう。確か幼少期に書く行為だけは矯正された覚えがある。ひらがななどを書いてみるとまるっきり逆向きになっていたらしい。こりゃ駄目だと両親が懸命に書き手を直させたと大人になってから聞いた。

8月13日は「左利きの日」だったのだ。そんな記念日があるのだよな・・・と毎年思う。とは言えこれは世界(特にイギリス?)に限った話だそうで日本は2月10日なんだとか。まあどっちでも良いのだがそれほど左利きが素晴らしいわけでもなく意識すらしていない。

聞くところでは左利きは世界で1/10の確率だそう。そんな幸運に恵まれて生まれてきたことに感謝したいのではあるが、この世は右利き社会なのだ。ハサミも包丁も10本に一本。改札も何もかもが僕の生活を少々苦しめる。しかしだ。一生一緒にいてくれや、なのだ。

ただし、スポーツの世界では重宝されるケースは多い。日本代表で必ず降って湧いてでる左サイドバック問題はネイティブレフティ(左利き)が良い、って話など。社会ではあまり優位ではない左利きも、一部のスポーツでは貴重な存在であるともいえるわけだ。

セレッソ大阪にも多くの左利きの選手が在籍した。今なら丸橋祐介選手ということだろう。このレフティが我がクラブにとってどれだけ大事なものなのかを改めて感じる今シーズン。彼の左足を見るだけでお腹いっぱいになるはず。ぜひスタジアムで見てほしいな。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

最近の投稿

健康管理は◯◯じゃないとできない。

長生きしたい衝動が特にあるわけでもないのだが、ここ数年は体調管理に気を遣うようにしている。世も健康ブームだ。しかしながら辛いランニングなんてしたくないし、せめて歩くことと自分自身の身体の心配くらいは行なっておこうかと、かれこれ数年は経つ。

インドア派の僕としては外出が苦手ではあるのだが幸いにもうちには黒い犬が存在する。暑がりの寒がりな犬種なのでこの時期はなかなか散歩にも行けない(この前お医者さんからも止められた)のだが、行った時にはしっかりと歩数を稼いでカロリーを消費する。

更に、毎日体重を測り毎日血圧を測り毎日体温を測る。最近は左手首にApple Watch右手首にはWithingsを巻いて常にデータを取得する。もちろん布団の中でも添い寝。睡眠状況をロギングする。全ての情報はAppleのヘルスケアアプリで一元化して管理を行なっている。

寝る前には必ずストレッチと腹筋を行なう。腹筋アプリ(女性用らしい)を起動させお腹の上にセットして規定時間の回数を測る。そのあとストレッチアプリの先生に教わりながらじっくりと身体を労る。これらのデータは回数と共にGoogleカレンダーに記録する。

そして朝昼晩と食べたものは全て食事アプリで入力。カロリー計算したデータも前述の通り情報としてヘルスケアに自動送信。食べたものと翌朝の体重を対比し、どんなものを食すればどの程度の増減を生み出すのかを把握しておくだけでかなり違いが見えてくる。

コーヒー(カフェインの量)や水分量も都度都度登録するようにしている。僕は甘い飲み物が好きなのでジョブズの言う砂糖水や身体に悪そうなカフェオレっぽいのをついつい大量に飲んでしまう。制限を徹底するためにデータと分析が必要であると感じてしまう。

更にマインドフルネス。Apple Watchを利用しマインドを整える。自分の呼吸に集中し短時間でも周りの雑念を取り除いてみると、見える景色がどこか変わってくる気がする。これもGoogleカレンダーのゴール機能が毎日毎日空いている時間に案内してくれているのだ。

「ストイックですよね」とよく言われるが、それほど何かにこだわっているわけでもなく、ただ単に継続することができているだけだと思う。これはストイックなどというよりもどちらかというと◯◯に近いのかもしれない。言葉の想像はそれぞれの方に委ねる。

NEVER STOP,NE…

平和への願いと僅かばかりの貢献と。そんな一日でいいのだ。

人それぞれ東京に何かの思いを持っているのではないだろうか。僕の場合はこうだ。大阪に居たときからずっと憧れていた行きたかった場所。それが正月に行なわれる皇居一般参賀、新日本プロレス東京ドーム大会、そして靖國神社への参拝。今年も相も変わらず。

今日仕事を始める前の時間。平成最後となる8月15日終戦記念日の参拝。戦後73年という重みを感じながら九段下駅から歩き大鳥居をくぐる。暑さ対策で水もまかれている。8時だというのにもう多くの方々の姿がある。関心度が高い。あえて日向を選んで歩いてみる。

大村益次郎像付近に男女のグループがいる。近年、若い方々の参拝も多くなっていると聞く。どのようなきっかけなのかは知りえないのだが現に見ていてそう思う。「厳かな場所なので騒がないように」と話す代表らしき人物。この場所では確かにそう感じるだろう。

反面、遺族の方々の高齢化も懸念されていると聞く。そういう意味でも伝えることの大事さが必要になってくる。忘れ去られることは無いとしても時とともに少しずつ風化していってしまうのが世の常というもの。だからこそ毎年この時期に訪れてしまうのだろう。

そしてそんな速すぎる時代の流れの中で僅かでも平和への貢献ができているのだろうかと自分自身を問う日にもなっている。SNSでも同様のことを書いている方が多くいたりして、ひとりひとりの心の中に平和への願いが詰まっているのだなと改めて考えさせられる。

体質的なものなのか「インタビューさせてもらえますか?」と聞かれる。全て断る。九段下駅まで来た道を僕は戻る。夏の太陽のおかげでどっぷりかいた汗を駅ナカのエアコンが乾かしてくれる。こんなほんの小さな幸せも先人に感謝する。そんな一日でいいのだ。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

お盆休みは不思議がいっぱい。

世はお盆休みである。仕事で伺う機会があったので朝8時くらいから秋葉原にいたが、そこにはかなりの人。前日に行なわれたコミケからの流れかもしれない。この時間にもかかわらずただただ長蛇の列を作ったりしている。待つのが苦手な僕にはとても難しそうだ。

イベントに参加後、炎天下の街を歩く。相変わらず人だかりができていたり、お昼に近づいているせいかメイドカフェの案内が増えてくる。こんなおじさんにもビラの配布をしてくれる。真っ黒の衣装の彼女。太陽光を受けすぎて危険そうなのだが平然としている。

相変わらずの日本語オンリーの案内。よく似たアジアの方々ならまだしも明らかな欧米人のときには英語で伝えるのが必要だと感じる。しかしどこまでも頑な。これもひとつのジャパニーズスタイルだとするならば、文化を貫き通すのも選択肢のひとつだが、さて。

いろいろと考えながらアキバの街を歩く。何かGeekなものが無いかと店内を探してみるが、とてもじゃないが暑すぎて涼めやしない。「こんだけ汗かいているのって僕だけ?」と思えるくらいの尋常じゃない量の水分が蒸発して消えたが、一向に体重は減らない。

世の中はお盆休みである。家では黒い犬が何もない部屋の天井に向かって無性に吠えたりしている。犬は敏感な生き物。何かが降臨しているのかもしれない。そして何事も無かったかのように自分のベッドに戻っていく。やはりお盆は不思議なことが起きるものだ。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

サッカーができる幸せ、サッカーを見れる幸せ。存在の意義を考える。

東京に来て以来、毎年8月15日になると靖国神社に向かうようにしている。あの戦争について知っていること知らないことがまだまだ存在しているのだが、今年は知覧に行ったこともあり、より強い気持ちを持っている自分がここにいる。決して忘れてはいけないと。

以前、ブログでも書いたのだが、最近あの戦争について様々な書物や映画をよく見るようにしている。元来幕末期や明治維新が好きで主だっていたのだが、日露戦争から昭和初期にかけての歴史や文化、終戦に至るまでの道程や他国との関係性など非常に意味深い。

73年前の8月6日9日にふたつの街を襲った悲劇。頭の中から消えることはないが、残念ながら意識して思い浮かべるなどできていない気がしている。そんな終戦記念日まであと数日となった昨日。サンフレッチェ広島とV・ファーレン長崎の試合が広島で行なわれた。

この試合をアミーゴが「ピース・ダービー」と呼んでいた。呼び名がどうこうというわけではないのだが、この試合がこの時期に行なわれることの意義についてだけは改めて考えさせられる。原爆ドームと平和祈念像の前に立ったときのあの感覚をふいに思い出す。

僕が40年余りをともに過ごしてきた戦後の七十余年。こんな悲惨な戦争が二度と起こることのない平和な世界で行なわれるサッカー。多くの先輩方のおかげで今、このようにサッカーを人生の一部にして生きていくのが可能となったことを感謝しきれないほどだ。

せめて、毎年この期間だけでも”平和な世界でサッカーを”を考えることができれば、歴史は忘却の彼方に向かわない。サッカーができる幸せ、サッカーを見れる幸せ。戦争を知らない僕らがサッカーを通じて知る存在の意義を、噛み締めながら一日一日を大事に。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

第21節 北海道コンサドーレ札幌戦。

トライ・アンド・エラーには時間のかかるものとそうでないものがある。自分自身も若い頃から色々と挑戦して挑戦して挑戦するの繰り返しだったのでよく分かる。失敗とは駄目だった時ではなくチャレンジをやめる時なのだという言葉が、強く心に突き刺さる。

火曜日から始まるアジア大会サッカーの日本代表に舩木翔選手が選出されていたのを今思い出したり。男塾生だったら確実にシバカれるレベル。U-23でも左サイドやセットプレーにおいてかなり戦っているなと感じる時代のスター候補選手のひとりだと言うのに。

今シーズンは左サイドの鉄板、丸橋祐介選手の調子がすこぶる良いのではあるが、トップチームのレギュラー奪取へと近づくであろうアジアでの活躍を期待したいところ。そしてその実績を持ってこの偉大な先輩選手に挑戦していく姿を是非とも見てみたいのだ。

8月の北海道、ましてや札幌ドームという羨ましい環境(とは言え中は暑いのかもだが)。そう言えば北の地アウェイ、もう何年も行っていない気がする。記憶の限りだが2001年の降格が決まった時以来かも。その際に訪れた石原裕次郎記念館も、もうないらしい。

スルガ銀行チャンピオンシップと札幌戦で試していた3-4-2-1。結果的にはいくつかの問題を露呈したが、チャレンジという面で見るとシュート数でも明らかだし、ディフェンスも良い場面がいくつか見えた感がある。尹監督の判断は間違っていないと思いたい。

それにしても山口蛍選手、杉本健勇選手のコンディションが良くないのか、期待しているレベルに達していない気がする。取れるところで取れない。収まるところで収まらない。決められるところで決められない。彼らが戻ってこないとやはり勝ち負けは厳しい。

これで中断明けで7戦勝ち無しとなった。明けない夜はさすがに無いのだろうが、負け方、引き分け方が良くない今、危機感は常に持っておくべきだ。何度も書くのだが若い選手たちの挑戦、チャレンジを待ちたい。駄目でもともと。殻を破ってくる奴を待っている。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

※8月12日追記
舩木翔選手は怪我のため辞退した模様。

第20節 サガン鳥栖戦。

近所のファミリーマートがセルフレジを導入した。最近は朝から多い時に10人くらい並んでしまうこのコンビニエンスストアだったので少々困惑していたが、設置されたおかげでかなり便利になった。しかしモバイルTカードが使えない。なぜだか不思議ではある。

わざわざバッグからカードを出さなくてはならないし非常に面倒である。なにかの設定を行なえばモバイルで動くようになるのだろうかと模索する。それがなかなか見つからないのだ。新しいこと試し好きを自負しているにも関わらずこの体たらくはいただけない。

どういうきっかけで動くようになるかという問題は、我がクラブにも大いに感じているところだ。もしかすると昨年のような活動量をいつか取り戻せなくなるのではと感じざるを得ない鳥栖戦だった。勝てないときのオーラが半端ない。ゴールの臭いが全くしない。

僕自身もあまり良くないのだが、噛み合わせと言うか位置のずれた歯車をどのように修正するか。ほんのちょっとしたことなのだろうが直すのは非常に難しいなとは思う。何度も書いてはいるが、違う血というか何か起爆剤になる要素が必要のように感じている。

そういう意味でも若手選手の台頭を見たい。スルガ銀行チャンピオンシップに期待するものの、トップとU-23には紛れもない差があるのも事実。しかし若い子たちは伸びしろもある。厳しい状況だからこそ序列から飛び出す逸材を活かすチャンスでもあるはずだ。

話は戻すが前述のセルフレジ。GUなどに設置されている読み取り機がRFIDタグを利用しているのに対し、一品一品読み込む手間の不条理からか。店員さんがバーコード読むのと変わらないから使わないのだろうな多分。まあそれでも列に並ばなくてよいだけマシか。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP