スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

時間は「無くなる」ものではなく「生み出す」もの。

昨今の新型コロナウイルスの関係などで仕事にもかなりの変化が訪れている。少々不謹慎を承知でだ。これを機に、できること、できないこと、やれること、やれないこと、やりたいこと、やりたくないことを整理したいと考えている。外部環境や内部環境といった阻害要因も無くはないのだが。

僕のスタンスはあくまで20-80ルールだ。80%の力で抱えているすべての仕事をやりきったうえで、20%(まあ月金で働くとしたら一日)を「新しいことを生み出す時間」に費やしたいと常々思っている。その20%でどんなことを見つけられるのかを想像するだけでゾクゾクしてきてしまうのだ。

職業柄、多くのアイデアを耳にしたりする。その大半は既に結論が決まっていて(そしてそれは作られた数字でまさに捕らぬ狸の皮算用だ)逆算というシナリオを辿っているケースに明け暮れる。際限なく見てきたせいか、ゼロイチを生み出すお手伝いをしたいという思いが大きくなっている。

ところがいつも聴かされるフレーズに「時間が無い」がある。僕は、時間はアイデア同様に「無くなる」ものではなく「生み出す」ものだと思っている。短期的に時間が少ないのは仕方がないとしても、中長期的に20-80を作り出す努力ができれば、と可能性を見出す行動を取るべきなのだろう。

今この時代。何が成功するのかなど誰にも分からない。例えばアップルがiPhoneを誕生させたとき(このデバイスが生まれてまだ十数年しか経っていないのはまさに奇跡だ)オーディエンスの声に多く存在したのが「タッチパネルなど流行るわけがない」という先入観からくる感情の声だった。

人は誰しも一日24時間というキャパシティを与えられている。しかも死ぬまで。この長い時空を自分のものにするか、自分のものにしたいと思うかによってすべては変わったりするのだと僕は考える。そう考えるだけで、案外、学ばないといけないことは一体何なのかに気づけたりするものだ。

例えば、一日を15分単位に区切ってみるだけで、96ものターンを自分で好きに組めるようになる。もちろん自分の力だけではどうにもならない場合も存在する。悩んでも仕方ない。その時間でさえも15分単位で仮に区切ってみたら、果たしてどんなことが起こるのだろうか。試してみて欲しい。

さて、昨日の話の続きではないが人には特性がある。「現状を維持する」、「今の姿を少し変える」、「現状を全…
最近の投稿

ゆで卵(のことじゃなく)。

ゆで卵を剥くのがどうも苦手だ。最近はお昼ご飯に一個食べる習慣にしている。しかしながらこの殻の処理に手こずっている毎日だ。何をどうやってそうなるのかが不明だが、どうしても僕の指が白身ごとえぐってしまう。元来運動神経の良いほうではないが、ここまでくると笑えてしまう。

人には向き不向きがある。仕事においても得意な分野とどうしても駄目な苦手分野が存在する。文系理系、事務職系と技術職系、運動系と文化系(これはちょっと違うか)。生まれ持つ能力や経験によっても変わってくる。自分のなりたい姿とのギャップにも苦しんでしまうことだってある。

ルヴァンカップが延期となった昨日の夜。たまたま流れてきた知人のタイムラインで「エアルヴァン杯」というハッシュタグを見た。なるほどこのような楽しみ方もあるのだなと思った。このような流れを作ることができる方の才能に少々嫉妬しながら、逆に感心の気持ちのが大きくなった。

Jリーグが始まった1990年代に同様の事態がもし起こっていたとしたら、このような状況が果たして予測できただろうか、とか考えたりしている。それ以外にも、「今日からサポーターになる」的なブログのアクセスが凄いことになったり。得意な分野で表現可能な時代になってきたのだろう。

そういや、話を戻す。そのゆで卵。一番剥きにくいと感じたのはあのコンビニエンスストアのものだ。「なら自分で作れよ」と言われている気配を感じるのは気のせいだろうか。できればとことん「食べるの専門」でいたい。その才能は十分持ち合わせている。舌の出来は想像にお任せする。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

天命をまだまだ知らない。

iPhoneを持って十年。何の心境の変化か。多分初めてだと思うがケースを付けることにした。3、3S、4S、5、6S、7、Xs。この間に落として破損したこと二回。それでも頑なに保護せず生きてきた。「歳を取ると守りに入る」なんて言葉とは同居したつもりは無いが、これが意識というやつか。

もはや今となっては誤解を招くことも皆無であろう。”カズ”三浦知良選手は別格としても、横浜FCの中村俊輔選手(そういや昔はよく似ていると言われたものだ)とガンバ大阪の遠藤保仁選手にはとびっきりのリスペクトを持っている。年齢以上の、サッカーにかける思いの質量に対して、だ。

よく「歳の差なんて関係ない」と耳にするが、直接そこに関わる人からすると重要だ。僕も若い方々と一緒に仕事をする機会が多いので感じる。現代における必要な才能の伸びしろが半端ない。ましてやサッカーの世界ではそのスピードが、ビジネスにおいてのそれとはまた違った状況だろう。

令和の時代に僕のようなおっさんが必要なのかどうか考えてしまう。もちろん、やれることだけをやって、それなりのお金を稼いで、過去の栄光を偉そうに語る生き方も決して駄目だとは言わない。でもそれだけで良いのか。もっと自分を高めないといけないのではないか、とも思ってしまう。

さてJリーグ開幕戦。セレッソ以外に実は両クラブそれぞれの試合も見た。中村選手、遠藤選手共に、まるで”不惑”そのものだった。感動してしまった。と同時に、僕自身も、何かまだまだやれることがある気がしてきた。不肖イバ。今年なんと晴れて五十。とは言え天命をまだまだ知らない。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

ポジティブに考えられる材料があるのは心の支えになる。

昨日も書いていて多少繰り返しにもなる。このような状況になるとどうしても「ツイている」「ツイていない」という気持ちになってしまう。毎日神頼みをして、上手くいかないと責任を押し付けてしまう自分勝手の悪い癖だ。もう少しポジティブに物事を考えてみる必要があると感じる。

身近にもアジアチャンピオンズリーグに出場するクラブのサポーターがいたりしてアウェイの旅費をどうしようかと悩んでいる様子がうかがえる。またSNSのタイムラインを眺めていて、今日が仙台旅行になっている方々もちらほら存在する。同じサッカーファンとしては非常に心が痛い。

先日誘っていただいた「卓球新年会」で感じた卓球の面白さに端を発し、気の合う仲間で卓球を行なう予定があったのだが、泣く泣くキャンセルした。その際の電話口での店員さんの「やっぱりそうですよね・・・」という言葉。同様のケースが多いのだろうと申し訳ない気持ちになった。

幾度の災害の際にも起こっていた「やるべき」「自粛するべき」という狭間で僕らは生きていくことになる。ストレスのなかで戦っていくという言葉がまさしく事実だろう。「常に考え」「遅滞なく」「正確に」「漏れなく」対応していかなくてはならない立場の方々には本当に感謝したい。

いま新しいプロジェクト(と呼んで良いのかな?)を数名の志士で進めている。将来や未来を考えるだけでワクワクしてしまう。まだまだ発表できない内容も多い。この先進まないことも出てくるだろう。だが、こんな状況だからこそポジティブに考えられる材料があるのは心の支えになる。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

Jリーグ開催延期決定。

うん、花粉がひどい。まず目が相当痒い。あとなんと言っても鼻水がエンドレスだ。この調子だとなんだか(もともと無いのだが)集中力も削がれてしまう。毎日薬を飲んだりマスクをしながら暮らしている。まあ僕以上に辛い思いをされている方もいるので、少しの我慢が必要なのだろう。

日本国内における新型コロナウイルスの状況もかなり大変だ。政府の対応が良いか悪いかなど僕には到底分からない。分からないなりに多くのニュースを見たり情報をつぶさにチェックしたり。亡くなられた方や感染された方も多くいらっしゃるので、もちろん、早く終息してほしいと思う。
今日、Jリーグは、3月15日までに予定していた全公式戦の開催を延期すると決定した模様だ。これに対しても僕は正解かそれとも不正解かを問えるような立場では無い。ただ、やはりサッカーを見たいと思う方が不安な状況では試合を楽しめない。決断としては、正しいと言える気もする。
J1リーグが27試合、J2ルーグが33試合、J3リーグが18試合そしてルヴァンカップの16試合。全体で94試合だという。2019年度の一試合平均入場者数がそれぞれ20,751人、7,176人、2,396人なので、単純に考えると、少なく見積もっても延べ100万人の方々の観戦機会が損失したことになる。
前売りチケットを購入しているケースがある。いやチケットだけではない。アウェイへの交通手段の予約、付随して当然ながら宿泊施設などに影響が出る。今時点ではこのような試合に関連している外部要素について発表はされていないようだ。これから先のJリーグの動向に注目していきたい。
こんなことを書いていたらセレッソ大阪からも多くの情報が流れてきた。今、日本全体が我慢のときなのかもしれない。この大変な時期を乗り越えた未来。Jリーグの試合を見れると願って前に進む。そのために少しでも自分自身でできる努力。後ろ向きにならずに明日からも生きていくこと。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

「何故その選択をしたのか」。

セレッソ大阪の試合を見てきていると、フォーメーションや選手選びなど監督による「何故その選択をしたのか」というシーンによく出くわす。それは監督によってまったく感覚が違うだろうし日本人と外国人の差もある。香川真司選手のケースなどが、選択という言葉により重みを増す。

人が何かを選択するとき、様々な思いや多くの葛藤が頭の中を駆け巡る。中でも「ヒト」「モノ」「カネ」「ジョウホウ」という資源の選択ならまだしも、一個人を選ぶという行為は、選ぶ側にも選ばれる側にも「感情」というなんだか得体の知れないものがドクッと溢れ出してくるのだ。

水沼宏太選手の横浜F・マリノス移籍で空いた右サイドハーフのポジション。プレシーズンマッチの京都サンガF.C.戦、ルヴァンカップの松本山雅FCそしてリーグ開幕戦の大分トリニータ戦では坂元達裕選手が全試合フル出場した。左足のテクニックと深い切り返しが印象的な三試合だった。

また彼には90分間走り切れる体力もあることを知った(こんなことを書くとモンテディオ山形のファンの方に怒られそうだ)。このポジションには新加入の西川潤選手やアビスパ福岡から復帰した前川大河選手がいる。しかし、確かにどこから見てもファーストチョイスしたくなる選手だ。

何かを選択するとき僕の場合は直感を信じることが多い。それはまるで居酒屋で焼き鳥を注文する際にタレかシオかを決めるのに似ている。これはちょっと馬鹿げているかもしれない。だが、心の声に素直に耳を傾けて出した答えが正解だったことも。考え過ぎないほうが良いときもある。

感覚で物事を決断していくのは決して悪くないと僕は思う。もちろん知識に基づいた根拠も大事である。そんな判断材料が直感を鈍らせることも忘れてはならないと感じている。五感を信じてみるのもときには必要だ。レゴ®シリアスプレイ®で言うと視覚、触覚をフルに活用してみるのだ。

レゴブロックを掴む瞬間。考えるより先に手を指先を信じる。信じて選んだレゴブロックを用いてひたすら作品を創り上げていく。「直感」という「感情」。突き動かされて僕らは何かを選択する。ロティーナ監督の選択の素晴らしさを知る。何故その選択をしたのか。そこに興味がある。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

シンプル。

久しぶりにレゴブロックを洗浄しようとダイソーに行ってきた。当然のことながらマスクは売り切れだ。今日の目的は洗濯ネットとオキシウォッシュ。しっかりと買い込み、何回かに分けて洗濯ネットに詰めてつけ置き洗いする。そして、そのままベランダで干しておくのがシンプルで良い。

他クラブ同士の試合を見ることは結構稀だ。しかしながら今日は少々調子も良くない。なので朝にレゴブロックの洗浄を行ない午後は本を読みながら何試合かテレビ観戦をしている。今はエンペラーズカップチャンピオンの神戸とJ1昇格した横浜FCの試合の合間にブログを書いているところ。

実況を聞いているとこの試合は鳴り物による応援行為が無しになっているらしい。なるほど、このボリューム感は非常に欧州風味だ。僕にとってはシンプルで心地よく感じる雰囲気。そればかりが気になって試合内容が入ってこないのも一理ある。こういうときにサポーターの凄さが分かる。

チャンスには歓声が溢れ、ピンチとなると野太い歌声が選手たちに勇気を与える。まさにシンプル。僕の理想の「試合の流れとシンクロする応援」。時勢の折この決断に踏み切った両クラブが素晴らしいと思う。少し不謹慎だが、そこからこのような雰囲気が生まれ、何か感じるものもあった。

応援が楽器や歌中心になっている昨今のJリーグ。何か事故が起こる以外ではあまりお目にかかれないこんな試合をどう捉えるか。僕は後者が好みだがもちろん価値観の相違はある(これについては改めて書く)。ときには他クラブの試合を見てみるのもあり。やはり何事もシンプルな感が良い。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP