スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

無茶振りな話。

中野は雪かもという予報だったが昨晩から雨が続いている。暑さにも寒さにも弱腰の僕としてはどちらにしても厳しい朝だ。かなりの量が降っていると思っていたらそれほどでも無いので15分ほど歩いてみる。実に風が強いのだが、とにかくこの週末は晴れてほしいと空に無茶振りしてみる。

先週の疲れもあったので昨日は仕事も早く切り上げてと考えていたが、思い立って動画などを作ってしまった。僕はクリエイターでは無いので出来栄えの自信ははっきり言って皆無だ。短時間で伝えたいことをサクッと書いてサクッと上げる。あとは、フィニッシャーが決めてくれるだろう。

だいたいいつもそうだ。人の手助けがなければ僕は何も終わらせられない。LINEスタンプもそう。”あの”デザインを考えたときも同様だ。特に思い出すのはやはり「11人の戦士を支える12番目の狼」を企画したときのこと。実に20年くらい前のことだと思うが、今でも脳裏から離れないのだ。

ちょうど当時は日本代表サポーターなどによる影響でサポーター全盛。ステータスも当然高かった。スタジアムでも選手と同等いやそれ以上の存在となるカリスマの方々もいらっしゃった。特段反発したわけでもないのだが、僕は比較的、そのような状況とは対極にいたような気がしている。

そんななかで今一度「選手たちを後押しするための僕らのスタイルって一体何なのだろうか」と考えてみた。試行錯誤、紆余曲折、色々と苦悩しながら頭を絞りアイデアを練った中でようやくぼんやりと形となって現れてきたのがこの「11人の戦士を支える12番目の狼」というものだった。
しかしながら僕が描けるのはここまで。僕は、当時まだまだ普及していなかったインターネットでこの想い(無茶振り)を形にしてくれる方を探す。そんなときとあるアミーゴが声をかけてくれたおかげで「11人の戦士を支える12番目の狼」の姿や形を世にお見せできることが可能になった。

このエンブレム制作の例からも分かるとおり、ひとりひとりは個性がありアビリティの違いや得意不得意もある。セレッソ大阪サポーターも職業や活躍の場がそれぞれ広範囲に広がっている。そんなサポーターの持つチカラを結集できれば滅茶苦茶面白いことができると思うが、どうだろう。

最近の口癖でもある「セレサポのセレサポによるセレサポのための」何かを実現していきたいと考えている。また適当に思いついたままを書いて…
最近の投稿

「まあこんなもんでいいか」が多過ぎる。

東京に戻ってきて呆けていた。どうも脳と身体と胃(特に)を使い過ぎたようだ。それほど睡眠は取らないが、それこそボーッとしている時間がこの週末は多かった。そんな中で本を読み映画を見てサッカーを味わう。ときには人生に休息も必要だ。年齢的にも持たなくなってきているのだ。

セレッソ大阪U-23の試合をYoutube Liveで見た。正しく書くとすればAmazon Fire StickのYoutubeアプリで見ていた。映像遅延らしきものもほぼ無く比較的安定して流れていたように思える。世界中のサッカーはインターネットのなかですべてつながっていくのではないかと思わせてくれる。

それにしても試合結果については非常にいただけない内容だった。ここからトップチーム昇格に向けて戦っていかなければならないのに、なかなか良いプレイを見せられなかった選手が多いなと感じた。前々から伝えているが、ここで終わっていいと思うのならば、この先の未来はなさそうだ。

サッカーの世界だけでなく身近なところ(勿論僕自身含めて)でもこの「ここで終わっていいのか?」が多過ぎる。なんだか短時間で「まあこんなもんでいいか」と自己評価してしまっている感がある。子供の頃の夢を続けられるほうが稀で、一般人は及びもしないということなのだろうか。

確かに社会のしくみの問題や環境も影響有るかもしれない。他人と比べたときの絶対的な差なんてものも、そこに存在しているかもしれない。しかしながら僕は思う。それでもいいやんか。ただひとつ。「ここがゴール」だなんて思わないでいい。そう判断するのは紛れもない、自分自身だ。

物事を終わらせるのも自分。ここから先の人生を組み立てていくのも自分。「まあこんなもんでいいか」は本気の自分への裏切り行為でもある。本当に好きなものならその気持ちが必要なのだろうなと思う。だから例えばサポーターが好きなら、その思いに「まあこんなもんでいいか」は無い。

前述に戻る。背番号が、この大会用になっていたため少々選手を確認するのがとても難しかったが、試合が進むに連れて動きで分かるようになってきた。やっぱり短時間で物事を見定めるのは困難なものもある。じっくりと時間をかけて「まあこんなもんでいいか」をぜひ減らしていきたい。

話は違うが冒頭にも書いた映画のこと。「ジャックは一体何をした?」と「ラストレター」について記しておく。改め…

蹴球堂。ミドルサードからバイタルエリアへ。

まだまだではあるのだがサッカーショップ蹴球堂リアル店舗のリニューアルオープンについて常々考えている。今月末でちょうど二年(厳密にはあと二日で丸二年)。インターネットやなんやらでその時期を模索しているが、未だ復活の呪文がどうも降りてこないという弱々しいオーナーだ。

先日とあるアミーゴから「NEW蹴球堂の良い物件ありますよ」と連絡が来た。このような情報は本当にありがたいのだ。それ以上に”気にしてもらえている”ことが非常に嬉しいのは以前にも書いた。同じマインドでいられるアミーゴの存在が自分自身を更に強くしてくれている気がするのだ。

僕自身も毎日そのような気持ちで生きている。若い頃と比べてより人のことそ考える時間が増えたとも感じる。大人になったのだと胸を張って言えるわけではないが、少しずつでも学びつつ前に進んでいるのだろう。蹴球堂長居店での約12年も、一日一日成長の歩みだったと思い出している。

その「良い物件」。非常に絶妙なポジションに存在する。僕自身のポジションも今ミドルサードのギャップの中で”浮いている”感がある。ここから勝負するために僕は更にバイタルエリアへと侵入していく。ゴールを決められるかは問題じゃない。要は、考えて動く、動きながら考える、だ。

※とは言え、まずはインターネットストアで。
※是非、Tシャツ購入よろしくお願いします。

サッカーショップ蹴球堂BASE店

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

今から約14年前。2006年5月の風景。

サポーターのヒト・モノ・カネ。

遂にというかようやくというかリヴァプールの南野拓実選手が、サディオ・マネ選手の怪我によるスクランブル出場でプレミアリーグデビューとなった。ホテルの一室でその様をDAZN視聴したように、いつでもどこでも映像を見ることができるオンデマンドは、本当にありがたいと思う。

そのDAZN。先日、通常の月額払いからセレッソ大阪「DAZN年間視聴パス」に切り替えたのだった。なにごともセレッソ大阪中心にしていけるこの時代でもある。そのひとつひとつがセレッソ大阪のチーム強化につながると思うと、なんだか自分自身の気持ちもかなり高ぶってくるのだ。

このDAZN視聴パスを含め、SAKURA SOCIOハナサカクラブを中心として、セレッソ大阪を熱烈に支援するサポーターがこのクラブには物凄く多い。以前他クラブのサポーターの方と食事する機会があった際にもこのセレッソ大阪の支援システムについてとても感心してもらえたのだった。

特にアンダーカテゴリーを支援するハナサカクラブ。昨年末にも書いたがもともとサッカーショップ蹴球堂に至る原点はこの「アカデミー支援」だった。クラブはやはり下からの育成システムが不可欠。人を育て、戦う場所を提供して次のトップ選手を作っていくこのシステムが重要なのだ。

新しくセレッソ大阪ファンになった皆さんには是非ハナサカクラブへの参加をお薦めしたいと強く思っている。この先のセレッソ大阪を強くするための次世代の選手たちの育成が大事だ。これは何もサッカーの話だけではない。家庭でも職場でも、いやそれ以外でも重要なポイントでもある。

ヒト・モノ・カネ。その中でもカネはやっぱり必要だ。そのためには常に稼ぐ力やモノを身につけなければならない。そしてそれらをつかさどるのはヒト。すべての鍵はバランスでもあるなと感じている。今年もアカデミーから数名の選手がアカデミーから昇格した。サポーターの力は偉大だ。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

僕の役目は。

先週も来ていて今更感があるのだが、地下鉄福岡空港駅から福岡空港へと向かうルートが素晴らしく綺麗になった。以前はなんとなくクルクル回らされていた気がする。仕事、サッカー観戦と何度も訪れている福岡で、今回も多くの変化を感じさせてもらった。何だか気持ちが清々しい。

グランドハイアット福岡にて三日間という長丁場のなか行なわれていた「経営者フォーラム」が終了した。経営のこと、資本主義のこと、メディアのこと、政治のこと、社会貢献のことなど多くの話を聴かせてもらったなかでも一番心に響いたのは、世界から見た日本という国の見え方だ。
僕が今まで日本人として内側から見てきた日本という国。それに対して、世界という外側から俯瞰して見たときの日本とのギャップ。そんなに大きなことを言えるような立場では無い僕としても、そのイメージの差が殊の外大きいと感じてしまう。日本という国のあり方が今問われている。
このイベント終了後、誘っていただいたアミーゴと話をした。ほんの少しずつではあるのだが、考えるべきことや考えないといけないこと、あるべき姿をしっかりと描くのが必要であると感じた。そして今、僕の役目は何なのだろうかと考えながらこのブログをモノレール内で記していく。
サッカー、IT、歴史、カルチャー。まだまだやれることはたくさんあると思う。もっと素直に受け止め、もっと研鑽し、もっともっともっと・・・。そんな三日間を福岡で過ごしたとここから示していきたい。まずは、今回学んだ内容をしっかりと振り返り、周りに伝えていこうと考えている。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

フォーラム二日目の夜。

学びとはまさに温故知新。古きを尋ね、新しきを知る。そんな多くの学びを感じる二日間だった。今、福岡でとある経営者フォーラムに参加させていただいているが、一分一秒に知識を得られる感覚がある。僕は何者でもないしがない人間なので、このような場が本当にありがたいと感じる。

それ以上に僕のこれだけの時間をフリーにしてくれるうちのメンバーには感謝しか無い。それほどワーカホリックでもないと自負しているが、休暇もほどほどに取らなければならないこの時代。働きたくてウズウズしているのに制限されるという、昨日聴いたセミナーの言葉を思い出した。

そもそも働くとは何なのだ。実に考えさせられる。僕自身は「人の役に立つ」という観点から入っていく。とは言え、人それぞれ思いも考え方も違う。そうなるとどのように合意していくかが大事になってくるのだろう。今もそんな悩みを抱えながら、日々仕事をしている気すらしている。

さて、このようなセミナーの際の基本は、iPadの「NOTABILITY」というアプリでざっと下書きしてうえでその後ノートに自分の解釈を足して転記する。聴いた100%すべてが脳に蓄積されるわけでは決してないが、時間をかけて二度書くことによって何かの知識を得たような感覚になるのだ。

残念ながら僕はあまり勉強が好きではない。できれば学ばずとも知識を手に入れたいがそんなことが可能なわけないのだ。常に学び続ける日々。課題は、学んだ知識をどこで活かすのか、だ。失敗することに妙に臆病な気質が根深く残っていて、なかなか足が前に出ないというケースも多々。

このフォーラムでは多くのご縁もいただきながらあとまだ一日(厳密には半日か)学ぶ機会がある。面白いお仕事の話もあり身が引き締まってくる。学習して、知識を得て、そして実践する。お手本のような方々の熱い会話を聴くだけで、この会に参加している意義を感じさせられるのだ。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

#久々のスーツ。

二週続けて羽田空港にいる。これからまた西の方角へと旅立つ。墨田区に住んでいた頃は羽田、成田共に通いやすかった気がしていたが、中野区に引っ越してからは結構大変だと感じている。理由は地下鉄、モノレールの両電車があまりに込み過ぎている。緩和できないものだろうか。

もうひとつある。今回の旅の装備(衣装とも言う)でもあるスーツだ。実にどれくらいぶりに着て、いつ以来のネクタイをしているのだろうか。そうだ、僕はほんの数年前くらいまではこのスタイルで仕事をしていたのだということを思い出した。良い悪いは別にして考えさせられた。

そう。良い面悪い面がある。悪のほうだが、まず出かける準備が大変だ。シャツ、ネクタイ、スーツ。折り目やシワを気にしてしまう。何より時間がかかる。Tシャツにデニムだとほんの数分で済むところが、その何倍もかかっている感がある。雑な僕にはかなり息苦しい時間でもある。

逆に良い点としては、パリっとする(笑)。あと、真面目そうに見える。仕事できそうに見える。背が高そうに見える(本当か?)。更に(言い過ぎかもしれないが)気が引き締まる空気感というかそんなものを大きく感じる。スーツにはそんな力が宿っているような気がしているのだ。

そんなことでこれから飛行機に乗る。先週同様に多くの方々との出会いが待っている。外見だけでなく大事な内面を意識してことに当たりたいと思う。どちらかと言うと、スーツ姿よりもそっちのほうが、僕の苦手な分野でもある。しっかりと気持ちを高く持っていきたいと考えている。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP