スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

第24節 浦和レッズ戦。

もうこれで、正真正銘の最後となるのだろう。三勝三敗三分けというまったくの五分で迎えた、十回目のU-23大阪ダービーマッチ。感情に浸りながらその試合を見ていた。結果的にはこれで良かったのかな、と思ったりする自分も存在している。
それにしても昨日の浦和戦。今日の「これぞダービー」と感じてしまうくらいの熱い試合を見てしまった以上、書くことがとても少ないゲームだったなと感じてしまう。二位を目指す情熱を見せたかと思えば次節ではこんな試合になってしまう。
まだまだ真の強さが身に付いているわけではないのは重々承知している。今年の変則的なリーグの恩恵を受けているのも重々承知している僕ら。だからこそ一試合一試合に重みがある。その目の前の試合を大事にできるかどうかにかかっている。
そのなかで非常に印象の薄い試合になってしまうのが非常に口惜しい。次の大阪ダービーマッチでその鬱憤をすべて晴らすことができるだろうか。僕はもちろんテレビ観戦になるのだろうが、今日のU-23のように記憶に残る戦いを見せてほしい。
さて、ゴール裏サポーター(今は集まることはできないけど)の話を色々と聞かせていただいた。書けるような内容では無いのだけれど、この状況において目的をひとつにチームを導けるファクターのひとつがゴール裏のウルトラだと僕は思う。
ウルトラのひとりひとりが真剣にセレッソ大阪と向き合って、応援だけではなく、真のサポートが見えることを願ってやまない。あと、感じたのだが、やはり太鼓は、スタジアムをひとつにするための道具なのだな。そのためだけにあるのだ。
うちの太鼓打ちも多分こういう試合からそんなものを学んだのではないだろうかと推測する。太鼓打ちとは、叩きたいから叩くのではなく、スタジアムを声を拍手をひとつにする覚悟の上に存在する。二十数年の歴史。そんなに甘くはないよね。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

最近の投稿

「フロー」と「シナジー」。

今日の浦和戦については改めて書きたいと思うが、ひと言だけとすれば勝てないまでも負けない試合だったように思える。どうも体力よりも気力の面で後手に回っていた感も正直あった。天皇杯、その先のアジアの舞台は一筋縄ではいかない。
体力よりも気力のほうが上回っている感覚。そんなものを感じてしまう瞬間が年に何度かある。モチベーションを高く保つこと、そして自分自身の持つレベル感。その相乗効果「シナジー」。まさにチクセントミハイの「フロー」のようだ。
仙台では、本当に久々なくらい「フロー」な状態で四時間半のレゴ®︎シリアスプレイ®︎ワークショップだった。リアルな環境なので新型コロナには充分に気をつけながらファシリテーターを務めてきたのだが、それらを上回る充実感が半端ない。
今回、チームのストラテジー(戦略)を描いていくワークショップに近かった。そんななかで、参加者の方々のモチベーションがスキルビルディングから本番に向かうにつれて高まっているのが手に取るように分かった。まさに「フロー」だ。
そんな参加者に触発されて僕自身のテンションも自然と上がっていく。どんどんと作品が増えていき、どんどんと言葉が生まれていく。どんどんと作品たちがコネクションされていき、進むべき方向性のタネが植えられる。そして育ち始める。
新しい方向性を見つけたいと真剣に考える組織、モヤモヤした思いを表現したいと思う参加者。そこに極上の情熱を持ったファシリテーターが加わることで、極上のステージが成り立っていく。そんな一端を感じられたワークショップだった。
だから僕は、気力の低下というものに対して、早くレゴ®シリアスプレイ®のワークショップを行なってみたいと思っている。レゴブロックによる「フロー」を体験することで見えるものは思いのほか多い。僕は「シナジー」を生んでいきたい。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

杜の都へと向かう。

仙台に向かっている。先日書いたとおりレゴ®︎シリアスプレイ®︎のワークショップ。久々すぎるくらいのリアル環境なのだ。もう、今となっては何がリアルで何がリアルでないのか分からなくなっているが、それでもこのリアルの良さを追求したい。
かなり毎月のように新幹線に乗っていた感覚なので、非常に新鮮さもある(そう言えば七月に大阪に行ったのを思い出す)。答えの無い、答えに近い何かを導き出すための旅は、いつのときにも心が引き締まる。このピリピリ感が実に心地良い。

GO TOの関係なのだろうか、かなりの乗車率に思える。旅はやはり、人の心をくすぐる。出会い、一期一会かもしれないが、心が大きくなるという観点だけでなく、違う場所に住む者同士が時間を共有するというところに、僕は惹かれてしまう。
アウェイも同じだ。もちろん既に30年近くリーグが存在し、何度も訪れたスタジアムだってあるだろう。だが、行くたびに新しい何かを感じられるのもアウェイの良さでもある。だからこそJリーグサポーターは、選手を追いかけどこまでも行く。
仙台でも、また新たなる出会いが見つかるのであろう。そうやって人は強くなっていく。支えたり支えあったりして僕らは生きている。そんな旅になることを思いつつ、今日のワークショップのストーリーを見直す。落ちそうになりながらも。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

鼻の異常を乗り越えて。

寒くなったり暖かくなったりしている関係だろうか、花粉の痒さとはまた違った形で、鼻が異常を訴えている。だが、三月に打ってもらった注射のおかげだろうか、秋の恒例行事は比較的楽に過ごせている。医療とは素晴らしいと感じる瞬間だ。
そうは言いながら、やはり、病院が苦手なのは子供のころからまったく変わらない。だがそれは、お医者さんが怖いという感情からなのではなく、まさに「病院に行くのが苦手」という言いかたのほうが、この場では正しいのではないかと思う。
それでも、何度も(実のところ、幼少期や少年期は病弱だった)お世話になっているわけでもあるのだ。だからこそ医療関係の皆さまにはいつのときも感謝の思いしかない。そんな気持ちが頭の中と心の中を駆け巡るという感情が、常にある。

今、とある事情があり、少し医療関連の勉強をしている。まったくのお門違いも甚だしい状況のなかであがいてもがいている五十歳。集中力が保たれているのも注射のおかげだと思う。正直、足を向けて寝られないな、とか本気で思ってしまう。
今日たまたまKING KAZU三浦知良選手の話題になった。何となくだが、アラフィフを迎えて、そして超えてからのボディケアが大事なのだなと感じてしまった。カズ選手がサッカーのプロフェッショナルなら、僕は、別の形のプロを見せていく。
健康に留意しながら、常に何かを学び続けなければならないのだなと肝に銘じる。兎に角、前に進むしかないと改めて決意を固める。さあ、明日は杜の都でレゴ®︎シリアスプレイ®︎のワークショップが待っている。鼻がもってくれればいいのだが。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

「CIA」。

当然ながら物事は始まりと終わりがある。それは「終わりの始まり」かもしれないし、逆に「始まりの終わり」なのかもしれない。如何なる場面においても同様で、常に意識ていかなければならない事項。今、この部分が希薄になりかけている。
もちろん、すべての状況、すべての世代においてそうだと言い切れるものでも無い。ただ、少しずつ、そう感じられることが多くなっている気もしている。今回はそんな微妙なニュアンスを中心に僕に訪れている気もするのが率直な感想である。
さて、それを情報セキュリティ的観点で見たらどうなるのか。情報セキュリティには大きく分けて三つの要素があり、それを「CIA」という。機密性(Confidentiality)完全性(Integrity)可用性(Availability)の頭文字を取っているわけだ。
この、どこかの国の機関のような言葉になっているCIA。情報セキュリティのなかでバランスよく配置されていることが良しとされている。しかしながら偏りというものは必ず存在する。だからこそ定期的に確認しPDCAを回すことで精度を保つ。
機密性に偏ると、不必要な安全策などに走ってしまう。例えば、あるアプリケーションは256桁のパスワードがデフォルトだったとする。そうなればほぼパスワードを破られる心配は無いが、とてもじゃないが管理しきれないと言い出すだろう。
さらには、完全性を担保していくことも重要だ。すべての環境、すべてのデータを一言一句違わずにバックアップする。入力された内容が改竄されていないことをどのようにして証明するのか。その設備はどの程度必要となってくるのだろうか。
最後に可用性である。この要素については某クラウドサービスも数時間から数十時間停止を余儀なくされる時代だ。後付け後付けのサービスなどではもう障害がどのポイントで発生しているのか、見分けることすら困難を極めるのかもしれない。
そんななかでも僕らは可用性を重視しがちだ。もちろん課金されたサービスを利用するわけで、使えない時間があればあるほどユーザーサイドの不満は増えていく。なので、最近では、機密性と完全性を保ちつつ、動き続けることに重点を置く。
しかしこれはあくまでも「情報」という観点であって、生身の人間となるとそうはいかない。CIAと同じようにただ可用性に寄せていくだけでは駄目なのだと思っている。そんなことを思いながら今回の「事故…

組織の信用と信頼と。

僕のような吹けば飛ぶような存在も人間。そしてプロサッカー選手のような華やかな方々も同じ人間だ。その人間が社会で生活する様は皆同じで、人間を人間たらしめるという点では一般人も偉い方も、もちろんサッカー選手であっても同様だ。
Jリーグが絡んだ残念なニュースを見るとどうしても他人事に感じられなくなるのが僕らサポーターでもある。試合ではお互いの威信をかけて戦うのだが、終了のホイッスルが鳴ると敵味方関係なく、サッカーが好きな「アミーゴ」になるからだ。
もう一度書いておく。僕らは人間だ。サッカー選手である前に、また、サポーターである前に、ひとりの人間なのだ。生を受けて、命尽き果てるまで、僕らは人間であることを意識して生きていかなければならない。それが、課せられた宿命だ。
しかしながら、どうしても、ひとりではどうしようもないこともこの世の中には多い。だからこそこの世には組織というものが存在して、仲間同士で高め合う。道に迷ったら手を差し伸べ、道に逸れたなら軌道を戻す努力を行なう。それが組織。
そこには信頼というものがある。人間など非常に曖昧な生き物だ。なので、信用ではなく信頼なのだ。信用は一方通行だが、信頼は相互の関係が無ければ成立しないと僕は考えている。そういう意味で、人間と組織は信頼関係を持つ必要がある。
信頼とは、築くときにはものすごく困難だが、崩れるのはまさに一瞬の出来事だ。だから信頼している信頼されていることに誇りを持つ。その信頼を互いにアップデートしていく。それこそが人間を人間たらしめる行動なのではないのだろうか。
特に何かができるわけでは無いのだが、某クラブにレゴ®︎シリアスプレイ®︎を提案しているのも僕なりの理由がそこにはある。人間は強い。強く見える。そして人間は弱い。どうしようもないくらい人間は弱い。僕自身、それをよく分かっている。
その人間の弱さを支えるために組織というものは存在するのだ。お節介と言われるかもしれない。薄っぺらいと言われるかもしれない。こういう人間がいるのだと、少しでも届いてくれれば。だから、今ここに「止まらない、諦めない」を贈る。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

WEリーグと「育成のセレッソ」の関係。

「育成のセレッソ」と言われ続けてきた。もちろん初めからそうだったわけでもなく、この長い期間を経てたどり着いたと言っても過言では無い。当然のことながら選手たちも人間。常に、我がクラブだけでプレイしていくだけが人生ではない。
僕らには「アカデミー史上最高の選手」などという派手な称号も必要ではなく、セレッソ大阪のDNAを持って、世界へ、そして他のクラブでプレイし続けてくれることが幸せでもある。現にそんな選手たちでサッカー界が満たされているのだ。
様々なところで話しているのだが、ハナサカクラブの前身の件で当時のクラブスタッフの方と話ししていたのがたしか2004年から2005年くらい。その前からも多くの場面でアカデミーをサポートする体制が整っていたのがセレッソサポーター。
その後、日本代表選手の育成や、なでしこリーグ参入という大きな目的を持ち、セレッソ大阪堺レディースがスタートした。この桜なでしこも、多くのサポーターに支えられて、日本のトップリーグで互角に戦えるほどの力を持つことができた。
10月17日。日本女子プロサッカーリーグ、通称WEリーグで参入を発表されたなかに、セレッソ大阪堺レディースの名前は存在しなかった。どういう経緯かなどは知るよしもないが、何となくデジャビュを感じてしまうのは僕だけではないだろう。
様々な書き物を見ていたら、青田買いの真っ只中に位置しているような感もなくはない。長年見続けてきた方のことを思うと何とも言えない気持ちになる。より高みを目指していく選手がいるはずだし、そうなるための育成でもあったとはいえ。
この先がどうなるかは僕ごときに分かるはずもない。しかしながらこれからも彼女たちの成長を見届けていくのだろう。色々な面で時間もかかることは間違いないが、素晴らしいこのチームの良さが前面に表れるような状況に期待をしている。
そんななかで、今日からトレーニングキャンプに入ったなでしこジャパン(候補)に、四名もの桜なでしこのメンバーが参加している。まずは素直に喜んでいる。存分にその存在感と才能を遺憾無く発揮して、これからの未来を支えて欲しい。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP