スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ファシリテーターの内省。

一日経って今日。良いこと悪いこと普通のこと。欽ちゃん的なノリにもなれないような何とも言えない気持ちでお腹がいっぱいになっている。梅雨も相まってか参議院議員選挙開票、J3リーグでの大阪ダービーで湿っぽい空気が漂う。払拭する起爆剤を見つけなければと感じる。

それにしても投票率が50%に満たないのはどう考えればよいだろうか。政治に興味がないのは仕方ないとしても世の中に興味がなくならないようにと思う。お金の勉強会を通じて対話の場を作り始めているがまだまだ道半ば。ファシリテート能力向上に努めなければと思う。

そんななか昨日は半日かけてレゴ®シリアスプレイ®練成会(いわゆる勉強会)に参加してきた。認定ファシリテーターとして常にアップデートしておかないと遅れてしまうのを防ぐ意味もあるが、新たな気づきの場としても最適だと感じる。仲間意識も実に深いものがある。

そもそもファシリテーターとはどうありたいかどうあるべきかが時々ブレることがあるのを是正しながら生きているのも事実。そんな弱さを補ってくれるのがファシリテーター仲間でありこのような場であると思うと、本当にありがたい気持ちが胸いっぱいに広がっていく。

自分自身がファシリテートばかりでシリアスプレイする機会が実に少ない。皆で真剣に遊ぶという場所としても、このような勉強会に参加する意義があるのだと感じる。とにかく手を動かす。考えを形にする。形から考える。自分自身で内省していくことで見えるものもある。

勉強会ではファシリテーターである意義や意味、使命を作品にしてみた。詳細はここでは割愛するが、対話と自走を生み出すファシリテーターを意識して作成したのだった。作るときには手と直感に任せて、作り終えたあとで内省する。実に最高の"シリアスプレイ"だった。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

最近の投稿

第20節 ベガルタ仙台戦。

参議院議員選挙の投票日である。引っ越しで選挙権が無かった統一地方選ではヤキモキしたのだが今回ようやく権利をいただくことができ先程投票してきた。今回の焦点となっている年金の問題や消費税の問題。勉強会を実施した身内への効果は果たしてあっただろうか。 

そんな前日。ベガルタ仙台との一戦はスコアレスドローとなった。モニタ越しに見ても大阪特有の蒸し暑さが伝わってくるようななかで、いつものようなセカンドボール奪取が中々はまらず厳しい時間も多かった。チャンスもあったのでひとつ決めていればという展開だった。

最近少し気になるのが、ゴールキックからのビルドアップで引っ掛けられるケースが多くなったことだ。誰が悪いという話ではなく、どう回したいのかの意思疎通に欠ける瞬間が本当に怖い。特にテレビだとリプレイしているあいだだと、なにか起こったのかが全く見えない。

ボール回しが悪いわけではないのだろうが少し心臓に悪い。ただ、結果だけを見るとホームでの6試合無失点は素晴らしいと思うし、最近のようにチーム戦術が浸透してきたら当然相手も手を打ってくるわけである。その上でのこの貴重な勝ち点1は及第点と呼べるだろうか。

参議院議員選挙に話を戻す。自宅に戻ってきて速報を見る。どんな日本になっていくのか、まだまだ未知数である。国民の意思疎通は正直難しいのだろうが国のことを少しでも考えられる世の中になるきっかけになってくれたらと思う。僕も継続して勉強会を行なっていく。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

時間泥棒になりたくない。

アフリカネーションズカップのファイナル、セネガル対アルジェリアの試合を見ながらこのブログを書いている。歳を取ると目覚めるのが早く、クロヱ(パグ♀)の散歩に行ったあと、映画を二本見てこの時間。生き急いではいないので、実に優雅な土曜の朝を迎えている。

とは言えMacBookを開くとどうしても仕事をしてしまうのはどうしようもない。特に、普段なかなかできていない雑用(と呼ぶと大変失礼なのだが)を細々とこなすのが、週末の恒例になっている。7つの習慣で言うところの「重要だが緊急ではない」第Ⅱ領域というやつだ。

以前より申し上げている通り、僕はスティーブン・R・コヴィー先生の7つの習慣が大好きだ。もう何度も繰り返し読んでいるが目を通すたびに新たな発見がある。その中でも緊急度よりも重要度の高い仕事をするという第3の習慣「再優先事項を優先する」のコーナーが好きだ。

この緊急度の重要性に対して僕の中にはかなり明確なローカルルールがある。
【郵便】  →期限までに対応してほしい
【チャット】→気付いたら対応してほしい
【メール】 →今すぐではないが早めに対応してほしい 【電話】  →今すぐ対応してほしい 【対面】  →下記では伝えづらいものがある
まずは時間を思い描く。2〜5分でできることはすぐに実施する可能性は高いが、そうでなければこれらのアクションに対してタスク化/リマインダー化させる。これにより一旦頭の中から取り除いてしまう。大抵の場合は当日の夜か翌日の朝まですべてスヌーズしてしまう。
今来た仕事よりも僕にはその前から残としてある重要度の高いタスクが山盛りだ。それをクリアするために周りを相当な時間シャットアウトする。しかしながら対面や電話はその行為に容赦なくやってくるのだ。この無比な攻撃からどのような回避するかかがより重要になる。
誰もが生きている時間の流れが違うのだ。僕らはそんな時代に生きているのだ。メールやチャット、SNSは、時間の流れを上手くコントロールしてくれる便利な道具だ。僕はそんな便利な道具がとても好きだ。これからも僕は他人の時間を奪うような時間泥棒にはなりたくない。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

※完訳7つの習慣は是非読んでもらいたい一冊。

絵を書くことが好きだから。

昨日、京都で痛ましい事件が起こった。小学校の頃は漫画家志望だったこともあり、また、アニメが大好きなだけに本当に心が痛い。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。重ねて負傷された方々へのお見舞いとともに一日も早い回復をお祈りいたします。

先日もこのブログでデザインの話を書いたので恐縮ではあるが、僕にとって絵を書くという行動は非常に心が安らぐ瞬間でもある。何も考えずにただペンを動かし続け、書いては消してまた書く、手直ししたり太くしたり細くしたりする。色を付けてみる。ぼうっと眺めてみる。

勿論アイデアが出ないときもあるにはあるが、それでも熱心に手を動かしてみると意外と書けたりすることもある。子供時代から本当にいろんなものに絵を書いてきた気がする。がそんな絵を誰かに見せることも最近は少なくなってきたのと、そもそも手書きすることが減った。

ロビ太を書いたのはもう何年(何十年?は行っていないと思うが)前だっただろうかと思い返す。当時は無性にキャラクターを描きたくなりイメージしたりしていたのだがどうしても纏まらず、結局はキャラクターの特徴だけをササッと書いてプロフェッショナルに相談した。

コナミの元ゲームデザイナーだったプロフェッショナルと書き直しやデザインを直すこと九度。ようやく今のロビ太を完成させることができた。REAL OSAKA ULTRASのマフラー、サポーターシャツ、そして悪ガキのイメージであるアッカンベー。すべてが思い通りだったのだ。

ロビ太以外にも多くのキャラクターやデザインを多く書いて形にしてきたことがとても懐かしく思える。実は今週から紙の手帳を改めて持ち歩いている。また細々と続けていこうと思うのはやっぱり絵を書くことが好きだから。だからこそ今回のような悲惨な事件がとてもつらい。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

ああ、Tシャツある人生かな。

黒、ピンク、白と多くの方に着てもらっていると思うと非常に嬉しい気持ちで胸いっぱいになる。NEVER STOP,NEVER GIVE UP Tシャツ。セレッソファンとして、20年近くをこのシンプルなフレーズと共に生きてきた。やはり改めて考えてみても素敵な言葉だと感じている。

最近ではデザインすることも減ってきたのだが、昔はよく作ったよなと自分自身にほくそ笑んでしまう。「フランスで君と会いたい」Tシャツなんてものが世の中に存在していたことを覚えているセレッソサポーターも少なくなったのだろう(ちなみにこれは西澤明訓さん)。

そもそもデザインの心得などまったく皆無だったのだが、子供の頃から漫画を書いてきたおかげもあってか素人ながらに何となく纏まっていた気がする。そしてそうやって作って着ていたTシャツを若い子たちにあげたりしていたが、最近ではそんな行為も憚られるのだろう。

事あるごとに作るのが日課になっていた(これは言い過ぎか)あの頃が懐かしい。セレッソ大阪の選手が各カテゴリーの代表に入ったりしたときも勇んで製作していたが、今やうちのプレイヤーが溢れすぎて作っている間がないのだ。嬉しいと感じるべきなのかそれとも否か。

今後もTシャツを作り続けたいと考えてはいるが、年齢のせいか段々挫ける率が高くなっているのも事実。頑張れるときに頑張っておきたいと思っているのでもうしばらくお付き合いをいただければ幸いである。是非サッカーショップ蹴球堂のTシャツをよろしくお願いします。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP


※大阪生まれの方へ。是非大阪生まれをアピールしてほしい!

始まり、終わり、また再生する。

先週セレッソ大阪から福満隆貴選手と秋山大地選手が期限付き移籍した。我がチームにとって共に重要なプレイヤーでもありかけがえのない選手でもあるが、これは終わりを意味するのではなく再生への序曲でもある。次に戻ってくるときは何回りも大きくなっていてほしい。

全ては始まりそして終わる。ひとつの例外を有することもなく。僕の人生もこの世界もどこかの誰かも、始まり、終わり、また再生する。そんなことの繰り返しでこの世の中は循環している。だからこそ楽しい。だからこそ悲しい。だからこそ「生きている」と実感できる。

そんなふうに生きているある日。(某映画監督の勧誘による)ひょんないきさつにより「ロリさつ」という映画に出させていただいたことで「秋葉原女優アイドル・プロジェクト『ピカ☆マイ』(ピカマイ)」と「ロリさつ」の主演女優であるリーダー菅原彩香さんと出会った。

そのピカマイが7年間の活動に終止符を打ち遂に解散(全員が卒業)することとなり、その最終公演を見るために秋葉原へ向かった。ピカマイの舞台は5月に新宿村LIVEで行なわれた「えんとつ街のプペル」以来(このエンディングでリアルに解散発表を聞くことになったわけだが)。

会場には実に入りきれないほどのファンが最後の姿を見るために集まっていた。盛り上がりすぎてイベント自体は2時間押しとなり、14時に始まってから実に6時間が過ぎた頃に監督と僕は秋葉原をあとにした。最後に菅原さんとも話すことができて本当にありがたいと思っている。

僕は深く応援するわけでもなく菅原さんがいたからこそピカマイの最後を見届けようと思った。そんなにわかファンであっても、この7年間、菅原さんが多くの出来事と共に走ってきたのは想像に難くない。最後の最後に吐き出す言葉にはその心境がすべて含まれていると感じた。

そんな重荷が、見るからに細い双肩にのしかかっていたのだなと思うとリーダーという役割がとても辛く厳しいものだと気づく。彼女を通じて僕はそれを学んでいたのだった。この先も芸能活動を続けるのだと話していた姿は少々疲れ気味だった。まずはしっかり休養が肝要だ。

多くのアミーゴがアイドルを応援する気持ち。それがこの数年で少しだけ分かってきたような気がしている。星の数ほどアイドルや女優さんがいるなかで彼女たちを応援する理由がそこに確かにあった。たまたま僕は映画だった。これからも菅原さ…

若者は学びそして成長する。

この三連休は大半が雨模様だが土日の二試合でかなりスカッとして気持ちが良い海の日を迎えている。とは言え東京も寒すぎて、未だエアコンのスイッチを入れることなく過ごせている。嬉しいのか悲しいのか分からないのではあるが、そんな毎日を謳歌していると思う。

それにしても昨日のセレッソ大阪U-23は勝負強かった。J3の上位クラブはひとクラス上とさほど遜色ないチーム力を擁していると感じる。そのギラヴァンツ北九州に逆転勝利できたのはひとえに若い選手たちの成長の一言に尽きる。最後まで走り切るスタイルが確立してきた。
若いサッカー選手たちは敗北から何かを学び勝利することで更に成長する。これは何もサッカー選手に限った話ではない。30年近い僕のサポーター人生の中でもそんな多くの若者たちが大きく羽ばたいていく瞬間をいくつも見てきた。本当に素晴らしいことだと感じている。
以前から色々と相談をもらいアドバイスしていたアミーゴが一念発起し独立したことを風の噂で聴いた。このご時世不安ばかりが先立つが、そんなときだからこその思い切りの大切さを知る瞬間でもあった。「あんとき何言ったっけ?」とひとりで思いにふけながら、だ。
人生は負けたり勝ったりの連続だ刹那だ。だからこそ敗北から何かを学び勝利が成長を促すことを忘れてはいけない。もちろん負け方にも色々あるし、何故か勝ってしまうときもくるだろう。しかし彼らにはSAKURA NEXT同様に最後まで走り切る勇気が備わっているはずだ。
子供の頃から見てきた子たち(今は良き大人たち)が大きく羽ばたいていく姿を見るたびに自分自身のサポーター人生というユニフォームにひとつ星を付けてもいいのかなと思うのだがどうだろう。少しでも良い大人になれただろうか。なーんてことを思う僕はまだまだだな。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

Mad Cat Hostel Osaka(Instagram) ※オープンは2019年8月1日だそう。