2017年10月14日土曜日

さくらなでしこ最終戦。

少し前の話になるのだが運命の大阪ダービーマッチの前日になでしこリーグの最終戦を観に保土ヶ谷まで行ってきた。中々見る機会が少ないので恐縮なのだが、ようやくと言っていいくらい選手の名前を覚え始めた、いわばさくらなでしこ初心者でもある。

なでしこリーグ1部昇格の条件は非常に厳しかったが、ある意味有利でもある状況の中で、保土ヶ谷公園サッカー場には多くのセレッソファンが集まっており、非常に素晴らしいことだなと感激してしまった。

結果としては自動昇格を逃したわけだが2位は堂々たる結果だと思うし、この日の試合内容も素晴らしいと感じた。このままなでしこ1部に上がると実力的にどうなるかは微妙なところだろうが、若さゆえの大いなる成長も存分に有り得る話だ。

その中でもなでしこリーグ2部の得点王を獲得した宝田沙織選手と林穂之香選手の二人が気になる存在となった。彼女たちのプレーはものすごく印象に残ったし、このあとU-19日本女子代表としての戦いも待っているわけで、この最終戦を見に来れて本当に良かった。

それ以上に嬉しいのはこっそり見にきているにも関わらず、多くの方が挨拶に来てくれたこと。なでしこ、ルヴァンカップそしてハナサカクラブと、三連休をセレッソ大阪のためだけに使えるセレッソファンを本当に尊敬する。

この先、入替戦もあるので更に熱くサポートしていきたい。日程はまだ未定のようだが相手も決まっており、気持ちも高まってくる。U-19日本代表と重ならないことを期待しながら待つことにする。埼玉には行けそうかな。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP


0 件のコメント:

コメントを投稿