スキップしてメイン コンテンツに移動

イチを何かに変える。

セレッソ大阪が遂にキャンプインした。今年も流石に見に行くことは叶わなそうなので、Twitter等のSNSで逐一チェックする。今季はカップ二冠王者としての誇りを持って戦うシーズンでもある。常に全力を出して戦う姿勢を今年も見せてもらいたい。

さて話は変わる。御存知の通り筋金入りの幕末明治維新オタクを自称しているのだが、正確に言うと明治中期くらいまで追いかけている。明治維新というカオスな時代と、近代国家として世界の中での日本が形成されていく時代、まさにその両方である。

特に幕末明治維新で名を馳せた方々が明治の世になってどのように変わっていったのか、また変わることなく生き続けたのか。そういう意味ではゼロをイチにするよりも難しい時代として、日露戦争くらいまでのほうが、とても印象に残る人物が多い気がする。

現在、松岡圭祐氏の「黄砂の籠城」という本を読んでいる。大抵の日本人が、聞いたことはあるが殆ど知らない「義和団事件」に立ち向かう日本人を描いた小説である。そう書いている僕も正直、義和団という言葉だけが頭に残っている程度の知識だった。

このあまり馴染みの無い義和団事件。改めて調べたりしてみると物凄く多くの出来事が起こっている。現代の日本人にも通ずる様々なシーンに目頭が熱くなる。日本人としての誇りというものが一体何なのか。何か身体の中に芽生えるものも少なくなかった。

まだ上巻のみ完読しただけなのだがこの本が素晴らしい作品であると既に感じ始めている。大胆且つ細心、敵を知り、そして自分自身の脆さを理解して善処する。日本人が日本人としてやれることを全力で行ない困難に立ち向かう姿。早く下巻を読みたい。

セレッソ大阪にとって、この2018年は正念場とも言える。今季はまさに「ゼロをイチにする」時代から「イチを次のステージへ押し上げる」時代へと変化している。そしてその変化を継続することは、とても厳しく難しいものだということのも分かっている。

イチの次ははたして何処になるのか、そこに立ち向かうために大事なことは何なのかを常に考えていくと同時に、今季も外国人選手と日本人選手との息の合ったプレイで観客を魅了し続けて欲しい。その中で是非日本人の誇りを体現してもらいたい。

そう言えばこの義和団事件。今年ワールドカップを開催するロシアを含む八カ国の連合軍だったようだ。この本を読んで個人的にまだまだ歴史の勉強不足が否めず精進が必要だと感じた。これからも多くの事を学び、知り、そしてイチを何かに変えていく。

もっともこの事件によって日本とロシアの対立そして日露戦争へとつながっていくのではあるのだろうが、ワールドカップを機会に両国の歴史を学んでみるのも悪くないと思った。せめて一試合くらいはロシアで見たい。行くとなると21年振りである。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

入退院あれこれ。

話題になっていたあのアメリカンフットボールの試合。テレビで問題のラフプレーシーンを見た。悪質極まるプレー自体に憤りを感じるとともに、被害を受けた選手の怪我が早く治ってほしい、そして、選手生命が続くよう祈るほかはない。

このニュースを知らなかった理由。それは先週から入院していたからであるのだが、以前からここでも書いていた通り鼠径ヘルニア手術のために木曜日から入院。そして今日、晴れて退院した。自分自身もとにかく、ホッとひと安心している。

今回はその間のことを書き綴っていきたいと思う。と言っても麻酔がじっくり効いていた時間もあるのでその部分は仮説ではあるが、今後入院する方にも分かりやすく備忘録的に残しておきたい。当然ながら必要ない方は無視で結構である。

5月10日木曜日
午前中仕事をしてから午後に入院。病院までは歩いて15分程度。手続きの際、保険組合名を見て事務員さんから頂いた言葉「御社の電子カルテシステム、前の病院で本当にお世話になりました」。どんな場所でも人は繋がっていると強く感じた。

5月11日金曜日
手術当日。今回は再発のため調査含めて時間がかかるので全身麻酔。「すぐ眠気が来ますよー」と注射された瞬間から意識を失う。その後はなすがままの状況(だったと思う)。気がついた時には腫れた腹部。ここから痛みと戦う日々が始まる。

5月12日土曜日
前夜から痛みで寝られないのは前回の時と同じ。腹部だけでなく背面まで痛くなってきている気がする。仕方なく本を読んだりウイニングイレブンで気を紛らわす。しかしながらそれで局部が和らげられるはずもなく、当然ながら熱も出る始末。

5月13日日曜日
痛みは一向におさまらず、且つ熱は測るたびに上がり続けている。風邪かなと思い看護師さんに相談するとあっさり「氷枕で大丈夫」。ひたすら氷と向き合うことを選択。映画一本と本二冊を読み切る。こういう時の非常に軽い小説はありがたい。

5月14日月曜日
熱が下がる。アドバイス通りすっきり1.5度以上。看護師さん神。主治医さんが傷口を見てくれる。そしてひとこと軽く「退院出来るけどどうする?」。もちろん選択肢はひとつ。痛みは残るものの早く帰宅したいという気持ちに勝てなかった。

怪我がないに越したことはないが、手術入院となった時の参考になれば幸いである。そして多くの方から励ましの言葉を頂いて本当に感謝している。一…

四半世紀の変わり続けない光景。

腹部が痛すぎる。立っていても痛いし座っていても痛いし寝ていても痛いし。おまけに生理現象の全てが腹筋で成り立っていることを改めて知る。果たして社会復帰は可能かと疑いたくなるが「その程度で言っててどうする」と叱られそうだ。
科学の力だけで解決できるものもあればできないものもある。例のドラマでも言っていたが、身体にメスを入れた際のあとから来る痛みだけは生き物である以上仕方のないことなのだろう。あまり効かない痛み止めも飲まないよりはマシか。
そう言えば今日は5月15日である。我らは25周年という節目のシーズンを戦っているが、まさに25年前の今日、1993年5月15日にJリーグは開幕したのだ。それから、多くの方の多くの努力と思い出によってJリーグは成り立っているのだなと感じる。
四半世紀と言えば何を想像するか。0歳だった子が既に25歳。25歳だった若者が50歳。50歳だった初老の紳士が75歳。75歳でも現役だったご老人が三桁を迎える。歴史の尺度を25年周期で見る風習もあるくらいだ。実に長く、短く、実に奥深い。
1993年の初夏、22歳のただの若造は、国立競技場で行なわれたヴェルディ川崎対横浜マリノスを家のテレビで見ていた。綺羅びやかで超満員の雰囲気を感じ、何かが変わるのではないか、というそんな気持ちになったことを鮮明に覚えている。

それから四半世紀が経ち、Jリーグは様々な要素で変わり続けている。日本人は変化を好まないと言われたりもするが決してそんなことはないと個人的には思う。選手も監督もクラブもファンもサポーターも、変わり続けてきたから今がある。

そんな風に腹部の痛みも時とともに和らいでいくのだろう。いつの日か痛みがあったことすら忘れていくのも人の常であり、また痛みが発生し、泣くのも人の常。人間という生き物が持って生まれた変わり続ける力であると信じて止まない。

当然、変わり続けないものも存在する。綺羅びやかな部分はモニタ越しの映像と比べた減ったのかもしれない。が、スタンドに座りそして眺める先は、25年前に見たあの光景とちっとも変わらない。多分この先も変わっていかないのだ。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

子供向けイベントのハシゴは修行とも言う。

繰り返し言うことになって恐縮だが、いきなり走り出したり何かを振り回したりする予測不能な動きや、見たまんまのことを発言してしまう子供が大の苦手だ。そんな僕がまさかそっち系統のイベントのハシゴ修行になろうとは誰がいつどう想像しただろうか。

午前中。ロボットを使ったプログラミングイベントのスタッフとして。子供が意味もなく走り出す。お、おぅ・・・。まあ大人になっても走って転んでスーツが破けて「お母ちゃんに怒られるー」とか言ってる人もいたので、子供だからというわけではなさそう。

そんななかでなんとか頑張ってお助けしようと頑張ってはみたものの、いろいろとなんちゃらオーラでも醸し出しているのか上手く噛み合わない。だが、子供とコミュニケーションが取れないわけではない。ゴール裏などでは一緒に応援していたわけなのだから。

午後は場所を東京ビッグサイトに移してMaker Faire Tokyoというものづくりのイベントを見学してきた。このMaker Faire、まさに子供のための催しといっても過言ではないが、新しい取り組みや面白い試みをしている団体を見るために、ここ数年は通い続けている。

昨年は鹿島アントラーズとKDDIのコラボによるサポーター向けのIoT(モノのインターネット)グッズが展示されていた。サッカー関連を見つけられなかったのだが、例年同様多くの団体のロボットやセンサで社会を変えようとする思いが素晴らしいと感じた。

そしてこのMaker Faireも例にもれず子供、子供、子供。どこまでいっても子供。風船バットを振り回す子供。なぜかいきなり走り出す子供。思ったこと感じたことを叫けぶ子供。なんとかそんな大量の子供たちのなかで僕は気持ちを整える。理解しようとする。

勘違いしてほしくないのだが、子供が「嫌い」なのではなく「苦手」なのだ。予測不能な動きや見たまんまを叫ぶ子供が苦手なのだ。朝のお勤め終了後、ユニフォームを着替えていた。たまたま見てしまった子供が僕にこう叫んだ。「あの人、気持ち悪いー」。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP