2018年3月22日木曜日

第4節 ヴィッセル神戸戦。

気温差が激しい。こういう時は本当に体調管理が難しい。だからこそ早めに寝たり予防を怠らないようにしたいのだが、どうも人間が出来ていない模様でそれもおぼつかない。なんとか毎日を死なないように過ごしている、そんな感がある。

さて、ヴィッセル神戸戦もまたテレビ観戦となってしまった。今年は多くの試合を見に行きたいと思っているにも関わらず、未だAFCチャンピオンズリーグもロシアワールドカップも予約出来ていないのだ。何故だか身体が前に動かないのだ。

そんな中アウェイである大事な一戦。原因を怪我人と疲労だけにしたくは無いのだが、今年はかなり早い時期からスタートしているだけあってやはり息が上がる時間が殊の外早い。そんな印象しか持ち得ない状況なのは間違いない。

確かに相手も良かったわけだがセレッソ大阪の出足が良くない。普段なら出る足が中々出ていない。とりわけ先制点も追加点も普段ならあと一足が出ていたはず。如何なサポーターでも、声の限りを尽くしたとしてもやはり限界がある。

とは言えリーグはまだ4戦。SAKURA NEXTの勝利も励みになる。巻き返しは絶対にあるし、セレッソファン、サポーターの期待をこのチームは決して裏切らない。まずは体調管理などこのインターバルでの回復を待ち望みたい。前へ。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

0 件のコメント:

コメントを投稿