スキップしてメイン コンテンツに移動

Jユースカップ 川崎フロンターレ戦。

さり気なく生きたい。元来祭り事があまり好きでは無いので祝勝会などというイベントはとても苦手である。また、何となく持ち上げられたりすると少々気が重くなるのも子供時代から変わらない。要するに”変な人”なのだろうと心のなかで自己分析している。

試合終了後に多くのアミーゴと抱擁し優勝というものを味わった。僕にとっての祝勝はこれで良いのだなと満足感がある。駅伝監督の胴上げ拒否のニュースを見たがこの気持ちがよく分かる気がする。僕自身も敗者人生が長い分、気になってしまうことが多い。

三連休最後の11月5日。中学時代からのアミーゴでもあるシンガソングライター多田覚(臥龍)のライブの前にNACK5スタジアムに向かう。Jユースカップのクウォーターファイナルであり前日のリピートを見るためでもあった川崎フロンターレとの一戦が行なわれた。

ルヴァンカップファイナルが埼玉スタジアムだったこともありセレッソサポーターが多く詰めかけていたが、雪辱に燃える川崎フロンターレのサポーターの数が半端なかった。それだけでも若い選手たちの戦う気持ちを奮い立たす材料になっていたと言えるだろう。

結果的には2-3で敗れたわけだが、得点だけでなく随所に良いプレーがあり本当に素晴らしい試合だった。PKの判定は、ゴールキーパーが多少躊躇してしまい如何ともし難い内容だったが、前日の試合開始1分の出来事同様あれはあれでサッカーの怖さであると感じた。

1990年代後半、「ユースの試合も見なきゃ駄目」と当時のU-18監督に言われてからというもの、アカデミーを応援するサポーターが増えたのは間違いないだろう。これは本当に素晴らしいことだと思うしサッカーを見る幅とセレッソ大阪を見る量が格段に多くなった。

「日本全国でセレッソ大阪のサッカーをこんなに見れるなんて本当に幸せ以外の何物でもない。そして年末最後の最後までセレッソのサッカーを味わえる。しんどいけどね」と埼玉スタジアムに向かう電車でクラブスタッフの方と笑いながら話したのを思い出した。

トップ、U-23、アカデミーそしてレディース。僕らの旅路はこの先もずっと続いていく。それは、朽ち果てる時まで同じ気持ちでいたいと思う。そして、その時はさり気なく言いたい。"We will always be here,ever.(いつもここにいるから)"と。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

入退院あれこれ。

話題になっていたあのアメリカンフットボールの試合。テレビで問題のラフプレーシーンを見た。悪質極まるプレー自体に憤りを感じるとともに、被害を受けた選手の怪我が早く治ってほしい、そして、選手生命が続くよう祈るほかはない。

このニュースを知らなかった理由。それは先週から入院していたからであるのだが、以前からここでも書いていた通り鼠径ヘルニア手術のために木曜日から入院。そして今日、晴れて退院した。自分自身もとにかく、ホッとひと安心している。

今回はその間のことを書き綴っていきたいと思う。と言っても麻酔がじっくり効いていた時間もあるのでその部分は仮説ではあるが、今後入院する方にも分かりやすく備忘録的に残しておきたい。当然ながら必要ない方は無視で結構である。

5月10日木曜日
午前中仕事をしてから午後に入院。病院までは歩いて15分程度。手続きの際、保険組合名を見て事務員さんから頂いた言葉「御社の電子カルテシステム、前の病院で本当にお世話になりました」。どんな場所でも人は繋がっていると強く感じた。

5月11日金曜日
手術当日。今回は再発のため調査含めて時間がかかるので全身麻酔。「すぐ眠気が来ますよー」と注射された瞬間から意識を失う。その後はなすがままの状況(だったと思う)。気がついた時には腫れた腹部。ここから痛みと戦う日々が始まる。

5月12日土曜日
前夜から痛みで寝られないのは前回の時と同じ。腹部だけでなく背面まで痛くなってきている気がする。仕方なく本を読んだりウイニングイレブンで気を紛らわす。しかしながらそれで局部が和らげられるはずもなく、当然ながら熱も出る始末。

5月13日日曜日
痛みは一向におさまらず、且つ熱は測るたびに上がり続けている。風邪かなと思い看護師さんに相談するとあっさり「氷枕で大丈夫」。ひたすら氷と向き合うことを選択。映画一本と本二冊を読み切る。こういう時の非常に軽い小説はありがたい。

5月14日月曜日
熱が下がる。アドバイス通りすっきり1.5度以上。看護師さん神。主治医さんが傷口を見てくれる。そしてひとこと軽く「退院出来るけどどうする?」。もちろん選択肢はひとつ。痛みは残るものの早く帰宅したいという気持ちに勝てなかった。

怪我がないに越したことはないが、手術入院となった時の参考になれば幸いである。そして多くの方から励ましの言葉を頂いて本当に感謝している。一…

第6節 サガン鳥栖戦。

4年おきに起こることは何もワールドカップやオリンピックだけではない。身体の異変もそんな感がある。自分では分からないところとはっきりと分かってしまうところ。これから少々病院通いの生活となる予定、どうも心が晴れてこない。

そんな心折れそうな週末の土曜日にセレッソ大阪の試合を見る。勝ち負けはともかくセレッソ大阪と過ごす週末がある生活は本当に素晴らしい。ましてや勝ってくれたりするとポキっとなった部分にギブスを付けてくれたような気持ちになる。

ふたつのゴールとも、結果的には偶然が重なった事故に近いカタチでだったので何とも言えないこの口。しかしながらそれ以上に、丸橋祐介選手や高木俊幸選手を中心とした左サイドが活性化すると、良い試合展開になるのだなと感じた。

聞くところによると9試合連続失点らしい。鳥栖戦の失点もマークを外してしまっていたしまだまだ修正すべきところもあるとは思う。それよりも、決めるべき人が決めるべきところで確実に決めてくれるようになってきているほうが嬉しい。

水曜日にはまた試合がある。ミッドウィークと終末との連戦は負担も相当なものだと思う。選手、スタッフ、ファン、サポーターにも疲労の色が出てくると思うので全てのセレッソ大阪に関わる方々のご健勝をお祈りしたい。それは自分にも。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

四半世紀の変わり続けない光景。

腹部が痛すぎる。立っていても痛いし座っていても痛いし寝ていても痛いし。おまけに生理現象の全てが腹筋で成り立っていることを改めて知る。果たして社会復帰は可能かと疑いたくなるが「その程度で言っててどうする」と叱られそうだ。
科学の力だけで解決できるものもあればできないものもある。例のドラマでも言っていたが、身体にメスを入れた際のあとから来る痛みだけは生き物である以上仕方のないことなのだろう。あまり効かない痛み止めも飲まないよりはマシか。
そう言えば今日は5月15日である。我らは25周年という節目のシーズンを戦っているが、まさに25年前の今日、1993年5月15日にJリーグは開幕したのだ。それから、多くの方の多くの努力と思い出によってJリーグは成り立っているのだなと感じる。
四半世紀と言えば何を想像するか。0歳だった子が既に25歳。25歳だった若者が50歳。50歳だった初老の紳士が75歳。75歳でも現役だったご老人が三桁を迎える。歴史の尺度を25年周期で見る風習もあるくらいだ。実に長く、短く、実に奥深い。
1993年の初夏、22歳のただの若造は、国立競技場で行なわれたヴェルディ川崎対横浜マリノスを家のテレビで見ていた。綺羅びやかで超満員の雰囲気を感じ、何かが変わるのではないか、というそんな気持ちになったことを鮮明に覚えている。

それから四半世紀が経ち、Jリーグは様々な要素で変わり続けている。日本人は変化を好まないと言われたりもするが決してそんなことはないと個人的には思う。選手も監督もクラブもファンもサポーターも、変わり続けてきたから今がある。

そんな風に腹部の痛みも時とともに和らいでいくのだろう。いつの日か痛みがあったことすら忘れていくのも人の常であり、また痛みが発生し、泣くのも人の常。人間という生き物が持って生まれた変わり続ける力であると信じて止まない。

当然、変わり続けないものも存在する。綺羅びやかな部分はモニタ越しの映像と比べた減ったのかもしれない。が、スタンドに座りそして眺める先は、25年前に見たあの光景とちっとも変わらない。多分この先も変わっていかないのだ。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP