スキップしてメイン コンテンツに移動

「サポーター・アイデンティティ ~We will always be here,ever~」<その2>。

前回に引き続いて、講演会「サポーター・アイデンティティ~We will always be here,ever~」の書き起こしをここに記していく。全てのJリーグのファン、サポーターがこんなことを考えているわけではないだろうが、大半が生活の一部(全部の方もいるかも)として深く根付いている。

さて後半は、セレッソ大阪との関係や、今の自分を形成する上で非常に重要な出来事が多く存在した時期の話でもある。ドキュメントは一応作成はしたのだが、ほぼ原稿なしに話していたのでかなり適当感が溢れているのはご容赦いただきたい。気持ちが伝わってくれたらと切に願う。

(全て当時書き起こしていただいたママ)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

●(合間に)
だいぶ端折ってしまっているので、 あとで聞いてくれても、
メッセージを送ってくれても大丈夫です。

―サポーター人生を考えよう
~応援を通じて、サッカーを通じて、つながりの社会、この社会を広げていきたい~

Jリーグができて22年目、
たかだか20年ぐらいで人生を語るのは難しいが、
みなさんの参考になればと思います。

サポーター人生とはなにか?

今年で44歳になります。
サポーター、ファンとのつながりが、 自分の人生の中での影響力が大きいです。

ここにいるメンバーでも10代~高齢まで幅広くて、老若男女様々ですね。

お年を召した方に怒られることもあります。
会社では立場があるので中々怒られませんが、 スタジアムではよく怒られます。

この会を企画してくれた人も含め、 若い子たちが成長していく様子に、 純粋なサッカーの見方を学ぶこともあります。

C6(※サポーターユニット)もずっと応援してくれています。

セレッソサポーターだけではなく、人生についても階段を登ってきました。

今でも子供扱いされることが多いです。

鬼武さんの奥さんに40歳超えた今でも「お菓子食べ」と言われます。
20歳ごろのイメージのままで、子供のように見られています。

小学校低学年のころにこういう社会経験をできるのは影響が大きいと思います。

サッカー以外の因果関係のない大人と、
応援を通じてつながって、そこで怒られたり褒められたりします。
それによって社会の仕組みを学ぶ。

村や町が衰退する中で、
応援を通じて、サッカーを通じて、つながりの社会、
この社会を広げていきたいですね。

―蹴球堂誕生秘話
~長居にサッカー文化と交わって、やっていけるお店を作ろうと思いました。~

2000年5月27日の試合から数年経って

声をだして選手に届ければサポーターと思っていたが、
応援をする=サポーターという認識は正しいのかと、
大人になって思うようになりました。

セレッソと、選手と、サポーター同士、 街と、
どうつながるのかを考えるようになりました。
アイデアや、やりたいことが増えてきました。

そして、いろんなできごとがありました。
2003~2005年頃には、仕事で近い将来東京で勤務する必要が出てきました。
東京に行ったらおそらく帰ってこられない。

セレッソ大阪と自分と大阪との間に印を残して、東京に行きたいと思いました。

東京でもセレッソに役立つにはどうすればいいのか、
セレッソ大阪への還元のしかたを考えていました。

蹴球堂ができたのは2006年です。
枡田さんにすごく相談しました。

自分は出来がいい(?)ので出世して、収入も増えました。
セレッソに投資ができる。
セレッソユースの育成がいいのではと思っていました。

きっかけは1998年頃の藤井さんが社長の時代、
バイエルンミュンヘンと業務提携していたこと。

(余談)
藤井さん(元社長)から昨日、
「明日行けない。残念です。」と連絡があった。
北海道日本ハムのキャンプがあるらしいです。

当時バイエルンミュンヘンのケルンさんがセレッソに来ていて
食事をする機会がありました。

ユースの監督の足達さん(現AC長野パルセイロのスポーツディレクター)から
「ユースをもっと見に来て欲しい。」と言われました。

(余談)
自分はアディダスが好き。
「ミズノ着ないとは何事だ」と足達さんに怒られたこともあります。

ユースをもっと強くしたいと思っていました。
そのためにお金を使う、スポンサー制度がありました。
基本は、企業が年間50万円ぐらいを出してセレッソの底上げをするものです。

最初は、蹴球堂をオープンさせる気はなくて、
毎年50万円を出すつもりでいました。

しかし、宮本さんから
「この制度はうまくいかない。やめておいたほうがいい。ユースを支援する組織を作る。」と言われました。

それでユースではなく他のことにお金を使うことにしました。

そして、ハナサカクラブができてユースが進化しました。

では、お金をどう使うか。

元々あったお店が応援することはあったが、続く店、続かない店がありました。

そこで、長居にサッカー文化と交わって、やっていけるお店を作ろうと思いました。

ちなみに「蹴球堂」の名は意図があったわけではないです。
横文字のお店が多く、嫌だったので漢字の名前にしました。

2006.5.27に蹴球堂オープン。

今年で8年。

みなさんにお越しいただき、スタッフ一同喜んでおります。

―サポーター生とは
~自分はどうありたいかを考えると、もう一歩踏み出せるようになります~

若いころはどうしたらいいか考えていませんでした。
30過ぎてセレッソとどう歩んでいくかを考えだして、手帳などにアイデアを書いていました。
それを行動に移していったことが、 自分のサポーター生につながっています。

とは言え、横槍も多かった。
スタジアムマスターの方と東京で2人で飲むことが多いですが、よく「クラブに入れ」と言われるが、正直その気は全くないです。

サポーターとしてどう支えていくかしか考えていません。

自分はセレッソのオーナーになりたいです。
無理かもしれないがサポーター人生の夢の1つ。
みなさんもセレッソとどう歩んでいくかを書き出すといいと思います。

夢でもよくて、実現可能性はどっちでもいいです。
自分はどうありたいかを考えるともう一歩踏み出せるようになります。

たぶんオーナーにはなれないでしょう。
しかし夢をもってやっていきたい。

―気負わず継続して楽しむ
~サポーターは、選手と一緒に戦って、勝った負けたを感じ、
いろんなものを背負うことが多いです。
でも、楽しんでやることが一番だと、最近は感じます~

 楽しむことが一番だと思います。
サポーターは選手と一緒に戦って、勝った負けたを感じ、いろんなものを背負うことが多いです。

しかし気負いすぎず、継続してやっていきたいです。

自分はいい加減で典型的なB型。やることは早いけど継続しない。
あとは誰かがやってくれると思っています。

しかし、応援しているときは背負わなければいけないと思っています。
ゴールを取らせるための応援などをやろうとします。

でも、楽しんでやることが一番だと、最近は感じます。

今、セレッソは調子が良くて強いです。 応援も盛り上がっていますね。

年間2試合ぐらいしか生で見られませんが、 帰ってくると応援がものすごいと感じます。
楽しんでやっていってもらいたいと思います。

リーダーは背負わないといけないという感覚があり、
応援をどうするかが仕事だとか、試合をどうするかとかを考えてしまいがちです。

個人的な意見で失礼かもしれませんが、

リーダーは「応援を一体化すること」がやるべきことではなくて、
「試合と応援を一体化すること」がやるべきことだと思います。

やり方は僕もわからないが、
常々追い求めていくべきことだと思います。

今は年間120試合ぐらい試合を見ます。

ヨーロッパのサポーターは応援をほとんどしていません。

声を出したから応援なのかどうか、文化の違いもありますね。
しかし、試合の盛り上がりのかけ方はちゃんとしています。
そういう部分をリーダーは考えているのだなと分かります。

試合とサポーターが一体化する応援、そんなリーダー像がいいと思いますね。

●長居第二問題 ~リーダーの難しさについて~

1994年JFLで優勝し、1995年Jリーグ1年目 、
1994年はメインで応援していましたが、
1995年からはどこで応援するのかが問題になっていました。

最初のポジションはバックスタンド左端になりました。
メインスタンドから降りたらゴール裏にいけるイメージがあったので、決めている人たちと揉めました。

当時はゴール裏に太鼓持ち込み禁止となり、持ち込もうとすると警備員に止められる状況でした。

どこでどうやって応援するのか話し合いがありました。

自分は短気で、(そのせいで)納得いかないと席を外してしまいます。

その時残ったメンバーに向かって言われたことが、
「お前らのリーダー出ていったぞ。お前らどうすんねん。」
そう言わせてしまったことに対して、 リーダーって難しいと感じました。
自分はリーダーだとは思っていませんでした。
今も忘れられない言葉です。

―背負わない
~一人ひとりが戦えばいいんです。
全員がサッカーを好きでありつづけること、 それが素晴らしいチームを作ります~

応援をリードする人は必要です。
試合の流れに合わせて応援をどうするかをリードすること。

しかし、背負う必要は全くないです。 一人ひとりが戦えばいいんです。
全員がサッカーを好きでありつづけること、 それが素晴らしいチームを作ります。

その中でリーダーが応援をリードして、 試合と一体化することが大切です。
応援をできる楽しみが、 サポーター人生であれば、死ぬまで応援を続けられると思います。

―最後に
~次の40~50年をつくっていくために、
今日集まってくださった人や、サポーター、クラブ、選手、市民一体となって、
アイデンティティを広めていく。 僕らの存在意義をつくっていければいいな、
という想いがあります~

盛りだくさんの話をしてしまったので、わかりづらかったかもしれません。
20年ファンをしていたらいろんな思い入れがあります。

今はSNS、ブログなど表現できるようになりました。
人との繋がりも多いです。

この先もサポーターは20年30年続いていく。
100年続けていくことは難しい。 100年後に自分はいません。

自分が務めている会社は創業90年だがこれは中々大変なことです。

自分の家族だけではなく、サポーターとのつながり。
今年はセレッソ20年で、21年の次は30年。次は40年。

きっとサポーターのアイデンティティは残っていく。
記録にも記憶にも残ります。
大半のサポーターは記録には残らないが記憶には残ります。
きっとこの場にいることも記憶に残ります。
それが次のセレッソアイデンティティにつながります。

みんなで楽しんでセレッソを味わっていきたいですね。

次の40~50年をつくっていくために、

今日集まってくださった人や、サポーター、クラブ、選手、市民一体となって、
サポーター・アイデンティティを広めていく。
僕らの存在意義をつくっていければいいな、という想いがあります。

自分は文を作るのが好きです。
いい英語が見つかったのでそれを紹介します。
発音はヘタですが、

「We will always be here,ever.」
僕らはいつでもここにいる、ずっと。

セレッソアイデンティティを広めていきたいです。
これで話を終わります。
長きに渡りありがとうございました。
SNSのフォローもお願いします。

質疑応答へ続く。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

黒パグ、「一粒万倍日と天赦日が重なる日」に、病院へ行く。

一ヶ月前に狂犬病注射とフィラリアの薬をもらいに通院した際、その帰りしなに先生から「来月、混合ワクチンを打ちに来て」と言われた。なので、この土曜日に黒パグを連れて病院に行ってきたのだが、そこで起こったことを書いてみる。 雨が振りそうな天気でもあり、どのワンコも早めに連れて行こうかなとなったのか、病院は思いのほか混んでいて密だった(とは言え3人しか入れない)。しばらくして僕らの番が回ってきたので、黒パグと僕はドアを開けて診察室に入った。 「変わりはない?」「あー、ちょっと時々お腹周りを布団でスリスリすることがあります」「じゃあ診察してみよう」ということで色々と診てもらった。黒パグの全体を見てもらったのちに先生が「うん、これは外耳炎」。え?耳ですか? 思いも寄らない回答だったので一瞬面食らった。先生は薬と綿棒(みたいなやつ)で耳の治療を始めた。黒パグと目が合ったので軽く覗き込んでみたら、「顔を見ない!」と先生から一喝された。治療中にワンコが集中できないからだそうだ。 良かれと思ったら叱られた。気を取り直して見ないようにしていたら、今度は黒パグに猿ぐつわが装着されていく。目と口をカバーするようにセットされたこのワンコはついに暴れることを諦めてしまった。大人しく治療を受け入れ始めた。 そしてようやく耳の治療が終わり、混合ワクチンの注射が終了して帰ろうかと思った瞬間、思いがけない一言を先生から聞かされた。「カビですね」。どういうこと・・・。要はこの時期、お風呂に入ったあとのケアが必要だということだ。 ツイてない日だったのかもしれないと心が叫びたがっていたが、未だ病院は密でもあったので止めておいた。少々想定外の出来事ばかりが起こったので、今日は厄日かよ、と思ってしまう。僕らはかゆみ止めなどの薬をもらって家路に着いた。 いやいや、待てよ。まったくもって厄日なんかじゃない。そうだ。今日は「一粒万倍日と天赦日が重なる日」だった、と宝くじ売り場を見て思い出した。まじまじと宝くじ売り場を見てみる。TOTOやBIGを見て、改めてサッカーの再開を喜んだ。 宝くじでも買ってみるか。「ドリームジャンボ20枚お願いします!」。店員さんが首をかしげている。「ドリームジャンボは終わったよ」。暑さで舌を大きく出しっぱなしの黒パグがこちらを見ていた。まるでニヤニヤ笑っているようだった。 NEVER STOP

WEリーグと「育成のセレッソ」の関係。

「育成のセレッソ」と言われ続けてきた。もちろん初めからそうだったわけでもなく、この長い期間を経てたどり着いたと言っても過言では無い。当然のことながら選手たちも人間。常に、我がクラブだけでプレイしていくだけが人生ではない。 僕らには「アカデミー史上最高の選手」などという派手な称号も必要ではなく、セレッソ大阪のDNAを持って、世界へ、そして他のクラブでプレイし続けてくれることが幸せでもある。現にそんな選手たちでサッカー界が満たされているのだ。 様々なところで話しているのだが、ハナサカクラブの前身の件で当時のクラブスタッフの方と話ししていたのがたしか2004年から2005年くらい。その前からも多くの場面でアカデミーをサポートする体制が整っていたのがセレッソサポーター。 その後、日本代表選手の育成や、なでしこリーグ参入という大きな目的を持ち、セレッソ大阪堺レディースがスタートした。この桜なでしこも、多くのサポーターに支えられて、日本のトップリーグで互角に戦えるほどの力を持つことができた。 10月17日。日本女子プロサッカーリーグ、通称WEリーグで参入を発表されたなかに、セレッソ大阪堺レディースの名前は存在しなかった。どういう経緯かなどは知るよしもないが、何となくデジャビュを感じてしまうのは僕だけではないだろう。 様々な書き物を見ていたら、青田買いの真っ只中に位置しているような感もなくはない。長年見続けてきた方のことを思うと何とも言えない気持ちになる。より高みを目指していく選手がいるはずだし、そうなるための育成でもあったとはいえ。 この先がどうなるかは僕ごときに分かるはずもない。しかしながらこれからも彼女たちの成長を見届けていくのだろう。色々な面で時間もかかることは間違いないが、素晴らしいこのチームの良さが前面に表れるような状況に期待をしている。 そんななかで、今日からトレーニングキャンプに入ったなでしこジャパン(候補)に、四名もの桜なでしこのメンバーが参加している。まずは素直に喜んでいる。存分にその存在感と才能を遺憾無く発揮して、これからの未来を支えて欲しい。 NEVER STOP,NEVER GIVE UP

選手生活の最後をセレッソ大阪で。

年末年始連休明けはやはり身体に良くない。良くない上にセレッソ大阪の契約更改、新加入、復帰、移籍などのニュースが五月雨式に降り注いできて余計に神経がすり減っていく。齢五十の身体に心底悪く、ましてや緊急事態宣言下でもある。 監督人事に納得したわけではないものの2021年シーズンはすでに始まっており、このような状況だとしても来月にはJリーグが開幕する。選手の採り方云々は僕のような素人に分かる由もないので触れはしないが、ただひとりだけ言っておきたい。 大久保嘉人選手がセレッソ大阪に復帰した。2006年シーズン以来だと聞いて、もうそんなになるのかと、思ったりもする。「選手生活の最後をセレッソ大阪で終えたい」という言葉はリップサービスだとしても、これ以上のプレゼントは、無い。 思い出せば2000年。もう耳にタコができるくらいの状況かもしれないあの5月27日が起こった年。舞洲の練習場でセレッソ大阪とアビスパ福岡のサテライトの試合。そこで僕らサポーターは、まだ進路か決まっていなかった大久保選手を勧誘した。 何とかしてセレッソ大阪に来て欲しい。その一途な思いを高校三年生にぶつけるのは、今となっては大人気ないなと思ってしまう。だが、あの頃は本当に、本気で選手たちと向き合っていたと感じるし、クラブという存在が僕らを動かしていた。 受け取ってくれたREALマフラーは今でも持っているのだろうか、なんてことは正直どうでもいいことだが、セレッソ大阪に戻ってきてくれた事実に感謝している。クラブに入る前から色んな出来事に巡り合う、そんな時代だったのかもしれない。 サポーターに選手を動かす力などあるわけは無いのだが、クラブを愛する強い気持ちを伝えることで、思いもしない何かが動き出すことだって十分ありえる。大久保嘉人選手加入のニュースを見ていてのこの流れ。やはり歳を取り過ぎたようだ。 NEVER STOP,NEVER GIVE UP