スキップしてメイン コンテンツに移動

「サポーター・アイデンティティ ~We will always be here,ever~」<その2>。

前回に引き続いて、講演会「サポーター・アイデンティティ~We will always be here,ever~」の書き起こしをここに記していく。全てのJリーグのファン、サポーターがこんなことを考えているわけではないだろうが、大半が生活の一部(全部の方もいるかも)として深く根付いている。

さて後半は、セレッソ大阪との関係や、今の自分を形成する上で非常に重要な出来事が多く存在した時期の話でもある。ドキュメントは一応作成はしたのだが、ほぼ原稿なしに話していたのでかなり適当感が溢れているのはご容赦いただきたい。気持ちが伝わってくれたらと切に願う。

(全て当時書き起こしていただいたママ)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

●(合間に)
だいぶ端折ってしまっているので、 あとで聞いてくれても、
メッセージを送ってくれても大丈夫です。

―サポーター人生を考えよう
~応援を通じて、サッカーを通じて、つながりの社会、この社会を広げていきたい~

Jリーグができて22年目、
たかだか20年ぐらいで人生を語るのは難しいが、
みなさんの参考になればと思います。

サポーター人生とはなにか?

今年で44歳になります。
サポーター、ファンとのつながりが、 自分の人生の中での影響力が大きいです。

ここにいるメンバーでも10代~高齢まで幅広くて、老若男女様々ですね。

お年を召した方に怒られることもあります。
会社では立場があるので中々怒られませんが、 スタジアムではよく怒られます。

この会を企画してくれた人も含め、 若い子たちが成長していく様子に、 純粋なサッカーの見方を学ぶこともあります。

C6(※サポーターユニット)もずっと応援してくれています。

セレッソサポーターだけではなく、人生についても階段を登ってきました。

今でも子供扱いされることが多いです。

鬼武さんの奥さんに40歳超えた今でも「お菓子食べ」と言われます。
20歳ごろのイメージのままで、子供のように見られています。

小学校低学年のころにこういう社会経験をできるのは影響が大きいと思います。

サッカー以外の因果関係のない大人と、
応援を通じてつながって、そこで怒られたり褒められたりします。
それによって社会の仕組みを学ぶ。

村や町が衰退する中で、
応援を通じて、サッカーを通じて、つながりの社会、
この社会を広げていきたいですね。

―蹴球堂誕生秘話
~長居にサッカー文化と交わって、やっていけるお店を作ろうと思いました。~

2000年5月27日の試合から数年経って

声をだして選手に届ければサポーターと思っていたが、
応援をする=サポーターという認識は正しいのかと、
大人になって思うようになりました。

セレッソと、選手と、サポーター同士、 街と、
どうつながるのかを考えるようになりました。
アイデアや、やりたいことが増えてきました。

そして、いろんなできごとがありました。
2003~2005年頃には、仕事で近い将来東京で勤務する必要が出てきました。
東京に行ったらおそらく帰ってこられない。

セレッソ大阪と自分と大阪との間に印を残して、東京に行きたいと思いました。

東京でもセレッソに役立つにはどうすればいいのか、
セレッソ大阪への還元のしかたを考えていました。

蹴球堂ができたのは2006年です。
枡田さんにすごく相談しました。

自分は出来がいい(?)ので出世して、収入も増えました。
セレッソに投資ができる。
セレッソユースの育成がいいのではと思っていました。

きっかけは1998年頃の藤井さんが社長の時代、
バイエルンミュンヘンと業務提携していたこと。

(余談)
藤井さん(元社長)から昨日、
「明日行けない。残念です。」と連絡があった。
北海道日本ハムのキャンプがあるらしいです。

当時バイエルンミュンヘンのケルンさんがセレッソに来ていて
食事をする機会がありました。

ユースの監督の足達さん(現AC長野パルセイロのスポーツディレクター)から
「ユースをもっと見に来て欲しい。」と言われました。

(余談)
自分はアディダスが好き。
「ミズノ着ないとは何事だ」と足達さんに怒られたこともあります。

ユースをもっと強くしたいと思っていました。
そのためにお金を使う、スポンサー制度がありました。
基本は、企業が年間50万円ぐらいを出してセレッソの底上げをするものです。

最初は、蹴球堂をオープンさせる気はなくて、
毎年50万円を出すつもりでいました。

しかし、宮本さんから
「この制度はうまくいかない。やめておいたほうがいい。ユースを支援する組織を作る。」と言われました。

それでユースではなく他のことにお金を使うことにしました。

そして、ハナサカクラブができてユースが進化しました。

では、お金をどう使うか。

元々あったお店が応援することはあったが、続く店、続かない店がありました。

そこで、長居にサッカー文化と交わって、やっていけるお店を作ろうと思いました。

ちなみに「蹴球堂」の名は意図があったわけではないです。
横文字のお店が多く、嫌だったので漢字の名前にしました。

2006.5.27に蹴球堂オープン。

今年で8年。

みなさんにお越しいただき、スタッフ一同喜んでおります。

―サポーター生とは
~自分はどうありたいかを考えると、もう一歩踏み出せるようになります~

若いころはどうしたらいいか考えていませんでした。
30過ぎてセレッソとどう歩んでいくかを考えだして、手帳などにアイデアを書いていました。
それを行動に移していったことが、 自分のサポーター生につながっています。

とは言え、横槍も多かった。
スタジアムマスターの方と東京で2人で飲むことが多いですが、よく「クラブに入れ」と言われるが、正直その気は全くないです。

サポーターとしてどう支えていくかしか考えていません。

自分はセレッソのオーナーになりたいです。
無理かもしれないがサポーター人生の夢の1つ。
みなさんもセレッソとどう歩んでいくかを書き出すといいと思います。

夢でもよくて、実現可能性はどっちでもいいです。
自分はどうありたいかを考えるともう一歩踏み出せるようになります。

たぶんオーナーにはなれないでしょう。
しかし夢をもってやっていきたい。

―気負わず継続して楽しむ
~サポーターは、選手と一緒に戦って、勝った負けたを感じ、
いろんなものを背負うことが多いです。
でも、楽しんでやることが一番だと、最近は感じます~

 楽しむことが一番だと思います。
サポーターは選手と一緒に戦って、勝った負けたを感じ、いろんなものを背負うことが多いです。

しかし気負いすぎず、継続してやっていきたいです。

自分はいい加減で典型的なB型。やることは早いけど継続しない。
あとは誰かがやってくれると思っています。

しかし、応援しているときは背負わなければいけないと思っています。
ゴールを取らせるための応援などをやろうとします。

でも、楽しんでやることが一番だと、最近は感じます。

今、セレッソは調子が良くて強いです。 応援も盛り上がっていますね。

年間2試合ぐらいしか生で見られませんが、 帰ってくると応援がものすごいと感じます。
楽しんでやっていってもらいたいと思います。

リーダーは背負わないといけないという感覚があり、
応援をどうするかが仕事だとか、試合をどうするかとかを考えてしまいがちです。

個人的な意見で失礼かもしれませんが、

リーダーは「応援を一体化すること」がやるべきことではなくて、
「試合と応援を一体化すること」がやるべきことだと思います。

やり方は僕もわからないが、
常々追い求めていくべきことだと思います。

今は年間120試合ぐらい試合を見ます。

ヨーロッパのサポーターは応援をほとんどしていません。

声を出したから応援なのかどうか、文化の違いもありますね。
しかし、試合の盛り上がりのかけ方はちゃんとしています。
そういう部分をリーダーは考えているのだなと分かります。

試合とサポーターが一体化する応援、そんなリーダー像がいいと思いますね。

●長居第二問題 ~リーダーの難しさについて~

1994年JFLで優勝し、1995年Jリーグ1年目 、
1994年はメインで応援していましたが、
1995年からはどこで応援するのかが問題になっていました。

最初のポジションはバックスタンド左端になりました。
メインスタンドから降りたらゴール裏にいけるイメージがあったので、決めている人たちと揉めました。

当時はゴール裏に太鼓持ち込み禁止となり、持ち込もうとすると警備員に止められる状況でした。

どこでどうやって応援するのか話し合いがありました。

自分は短気で、(そのせいで)納得いかないと席を外してしまいます。

その時残ったメンバーに向かって言われたことが、
「お前らのリーダー出ていったぞ。お前らどうすんねん。」
そう言わせてしまったことに対して、 リーダーって難しいと感じました。
自分はリーダーだとは思っていませんでした。
今も忘れられない言葉です。

―背負わない
~一人ひとりが戦えばいいんです。
全員がサッカーを好きでありつづけること、 それが素晴らしいチームを作ります~

応援をリードする人は必要です。
試合の流れに合わせて応援をどうするかをリードすること。

しかし、背負う必要は全くないです。 一人ひとりが戦えばいいんです。
全員がサッカーを好きでありつづけること、 それが素晴らしいチームを作ります。

その中でリーダーが応援をリードして、 試合と一体化することが大切です。
応援をできる楽しみが、 サポーター人生であれば、死ぬまで応援を続けられると思います。

―最後に
~次の40~50年をつくっていくために、
今日集まってくださった人や、サポーター、クラブ、選手、市民一体となって、
アイデンティティを広めていく。 僕らの存在意義をつくっていければいいな、
という想いがあります~

盛りだくさんの話をしてしまったので、わかりづらかったかもしれません。
20年ファンをしていたらいろんな思い入れがあります。

今はSNS、ブログなど表現できるようになりました。
人との繋がりも多いです。

この先もサポーターは20年30年続いていく。
100年続けていくことは難しい。 100年後に自分はいません。

自分が務めている会社は創業90年だがこれは中々大変なことです。

自分の家族だけではなく、サポーターとのつながり。
今年はセレッソ20年で、21年の次は30年。次は40年。

きっとサポーターのアイデンティティは残っていく。
記録にも記憶にも残ります。
大半のサポーターは記録には残らないが記憶には残ります。
きっとこの場にいることも記憶に残ります。
それが次のセレッソアイデンティティにつながります。

みんなで楽しんでセレッソを味わっていきたいですね。

次の40~50年をつくっていくために、

今日集まってくださった人や、サポーター、クラブ、選手、市民一体となって、
サポーター・アイデンティティを広めていく。
僕らの存在意義をつくっていければいいな、という想いがあります。

自分は文を作るのが好きです。
いい英語が見つかったのでそれを紹介します。
発音はヘタですが、

「We will always be here,ever.」
僕らはいつでもここにいる、ずっと。

セレッソアイデンティティを広めていきたいです。
これで話を終わります。
長きに渡りありがとうございました。
SNSのフォローもお願いします。

質疑応答へ続く。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

スカイウォーカーがまたひとり。

毎年のことだがどれだけ忘れれば良いのかと思うくらい忘年会の予定が入っている。多くの方々と2019年について語り合うのは本当に楽しいし学びの場でもある。今年の年末はセレッソ大阪関連の試合もほぼ無いに等しいので、できうる限り参加したいと考えているがどうなるだろうか。

年の瀬は良い映画が目白押しとなる。素人映画好きを自称する身としては楽しみが止まらないわけだが、シリーズが完結する作品もあったりと悲喜交交な毎日を過ごすことになりそうな予感の今年の師走。そこに、別れという言葉は不釣り合いなのかもしれないがひとつの決断があった。

先日にも書いたのだが、この時期の選手の去就についてはサポーターとして一喜一憂の毎日でもある。我らのクラブも同じで、加入する選手がいれば去っていく選手も当然存在する。プロなので当たり前といえば当たり前なのだが、それでも、同じチームの仲間と離れるのは本当に辛い。
誰もが一年に一度歳を取る。僕は選手じゃ無いのでなんとも言えないのだが、戦術に合う合わない、若手の台頭などもあるにはある。しかし、自分自身のプレーが満足にできなくなっていくことも大きな要因であるのではと感じる。これは決して選手の立場だけでは無いのかもしれない。

サポーターも勿論同様だ。セレッソサポーター第一世代と言われる年齢は相当に高い。スタジアムに来れなくなる人、セレッソ大阪から距離を取る人、若い頃から変わらずに続けている人、それぞれだ。そしてそれはまさに四半世紀を超える歴史を持つクラブだからこその勲章と言える。
そのような方々も選手と並ぶ”レジェンド”であると僕は声を大にして言いたいのだ。ご本人からしたらそんなことなど微塵とも思っていないだろうが、あの大きな旗に勇気づけられたのは、選手だけでなく声を作り出していた役目の僕にとっても心からのリスペクトしかないのが本音だ。

そんなレジェンドがまたひとり。だがこの御方もセレッソ大阪との絆が途絶えることは死ぬまで無いのだろう。そんな、僕にとってのスカイウォーカーのようなアミーゴに囲まれている人生が途轍もなく素晴らしい。歴史に一筋の皺を刻んだ方々への、感謝の思いをこの師走に乗せたい。

彼の”ラストマッチ”を大分で見れるのはこの上なく幸せだ。しかもゴール裏で。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

セレッソ大阪サポーターの歴史の話でもしようかなと。

Jリーグが3月に開催予定していたすべての試合を延期すると発表した。苦渋の決断でもあるし理解もできる。この状況で数万人規模のイベントは難しい。どのような日程になるのか。全試合を消化することが可能なのか。沈静化すらしていないなかでまだまだ余談を許さない時間が続いていく。

もちろん大人数の飲み会などというものも中止になっていく。今日も元々予定が入っていたのだが数日前に連絡が来た。まあ当然のことだろう。少しでも集団感染の危険性を回避できるよう、日本にいる全員が意識を高く持ってことに当たらないといけない、と改めて感じている次第でもある。

意識を高く、で少し思い出したことがある。とある事情で歴史を整理する仕事をしているのだがこれが結構骨が折れる。実施当時はそんなふうに何かを残していくことの意識がとてつもなく低く、あとに残された者に託された頃にはかなり大変な状況にもなる。企業などでは実によくある話だ。

多分サポーターもそうだ。Jリーグの各クラブでも「脈々と受け継がれる」ケースと、「そのもの自体取って代わられる」ケースの両方が存在している。国家の事例と比べる気などさらさら無いのだが、世界の中で日本という国の歴史がここまで続いてきたという話と、どこか似ている気がする。

セレッソ大阪のサポーターの歴史をまとめるのはそれほど難しく感じない。たとえゴール裏にいるメンバーが代替わりしていこうと「脈々と受け継がれ」ているのだろう。それは未だI4にいる古参のサポーターの方のおかげでもあるし、受け止める若い方々のおかげでもある。それこそが凄い。

そして、若い方々にはもっとセレッソ大阪サポーターの歴史を知ってもらいたいし、逆に僕らは意識を高く持ち、それらを伝えていかなければならない。そんなことを毎日のように考えている。落ち着いた頃に話をする機会を設けたい。その頃にはきっと格好の場所ができあがっているはずだ。

僕らのJリーグの火を灯し続けたいと思う。明日からは枠が許す限り(というか自分の裁量やろうが)歴史の話を多く取り入れていきたいなとも思う。ちょっと老害に近い状況を生み出すかも知れないが、それも歴史の一部だと思って受け止めてくれれば幸いである。さていつまで続くのやら。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

セレッソ関連。ミーティング三昧。

名古屋、大阪と旅をしているあいだにJリーグが新たな方針を発表した。3月15日までとしていた延期のプランを、4月再開催まで延ばす可能性があるとのことだ。「僕らからJリーグを取ったら一体何が残るのか」と思ってしまう方々同士で、お互い肩を抱き合って慰め合う日々が続いている。
そんななか、来年から我がクラブが利用する予定の「桜スタジアム」建設状況を見に来てみた。メインスタンドが結構な出来っぷりだ。どのような完成図なのかあまり知らないくせに、偉そうにスタジアムについて語ってよいのかと自分自身も思ってしまうのは”らしさ”と受け取って欲しい。

さて、二日目の大阪も当然ながらミーティング三昧。気の合ったアミーゴたちと対話する日々は充実していて本当に楽しい。昔からそうだがセレッソ大阪に関する案件。次から次へと新しいアイデアが生まれていくのでいつまで経っても話が尽きない。今日はそんなことを改めて実感している。
なんでこんなに楽しいのだろうか。やっぱり何かを創り上げていく過程が僕は好きだ。既存の仕組みを取っ払った、まさに、今までにないもの、今までになかったもの、僕らじゃないとできないもの、僕らだからこそ面白いもの。そんなものが近々に生まれる予感がしているのは伊達ではない。
新たな取り組みなので内容はまだまだ明かせないのが非常に辛い。これからは少しずつでもオープンにしていけるだろうか。考えているだけじゃなく動いてみるのが一番。「案ずるより産むが易し」。しっかりと準備をして、皆さんにお伝えできるよう、今後も努力していきたいと思っている。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP