スキップしてメイン コンテンツに移動

組織というものについて。

この2月から始まったドラマ「伝説のお母さん」。リアルタイムで見れず録画していたので見た。リアルな子育て事情と冒険物RPGのコラボレーションがこれほどハマるのかと笑い転げた。少なくともスマホを持ってチャカチャカ歩きながら敵を倒し壺を割るゲームよりは面白いと感じている。

それにしても最近の某国営放送の番組。このようなドラマだけじゃなくとも僕にとって非常に有意義なものが増えたなと感じる。様々なところで旧態依然だなと感じることも少なくはない。しかしながら、家でテレビをつけているとしたらニュース番組かもしくはこの国営放送局な毎日だ。

旧態依然という言葉で思い出した。セレッソ大阪というサッカークラブのことだ。今年からチームの統括部長が替わった。この経緯について知っていることをここで書くつもりはない。前々からも書いている通り「来るものは拒まず、去るものは追わず」が僕の原則的なポリシーでもある。

改めて「組織」とは一体何なのだろうかと考えさせられる。ウィキペディアにはこう書かれている。

社会科学における組織(そしき、(英: organization)は、共通の目標を有し、目標達成のために協働を行う、何らかの手段で統制された複数の人々の行為やコミュニケーションによって構成されるシステムのことである。

共通の目標、協働、システム。しかしながら多くの組織には多くの柵が存在しており利権と権限の行使が横行する。30年前ならまだしも既に平成の時代は終わりを告げ新たな領域に足を踏み入れているにも関わらず、旧態依然のまま進んでしまい底なし沼から抜け出せない組織の多いこと。

そんななかで今、改めて「ティール組織」を読んでいる(というかオーディオブックで聴いている)。一度目で聴いたときにはなかなか理解できなかった事柄が、再読によって活性化されて入ってくることもある。紙の書籍だとなかなかできないことも音声ならでは、も存在しているのだ。

いや、今回はオーディオブックについてではない。ティール組織の、厳密にはその中で出てくるキーワードについて、だ。仕組みを作り直したり、やり方を変えるのはどうしても体力と気力を要する。持続力と批判への抗体が必要になってくる。しかしながら、立ち止まってはいられない。

とは言えティール組織がすべてか、と聞かれればそれはNOだとは思う。どのような組織にも素晴らしい歴史やこれまで培ってきた哲学なども存在している。要はそれらが上手く混ざり合い、新時代に向かってどう活かされていくかが大事なのだと僕は思う。当然、変わることに批判は出る。

批判に対してどう振る舞うのか。先日もそんなシチュエーションを迎えた。どこまで言っても平行線で進むなかでどのように合意点を見い出していくか。頭の中に思考を巡らせながら言葉を選んで話す。それでもなかなか前に進まない場合はノーディールという選択肢もある。承知の通り。

だから僕は組織の壁を越えていく。つながりを持って前へ進んでいく。もちろん合う合わないは存在するし、相も変わらず茶々を入れてくる(本当にお茶をくれたら嬉しいのに)外野はノーディールに持ち込む。何度も何度も書く。僕に残されている時間はあとわずかだなのだと理解する。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

スカイウォーカーがまたひとり。

毎年のことだがどれだけ忘れれば良いのかと思うくらい忘年会の予定が入っている。多くの方々と2019年について語り合うのは本当に楽しいし学びの場でもある。今年の年末はセレッソ大阪関連の試合もほぼ無いに等しいので、できうる限り参加したいと考えているがどうなるだろうか。

年の瀬は良い映画が目白押しとなる。素人映画好きを自称する身としては楽しみが止まらないわけだが、シリーズが完結する作品もあったりと悲喜交交な毎日を過ごすことになりそうな予感の今年の師走。そこに、別れという言葉は不釣り合いなのかもしれないがひとつの決断があった。

先日にも書いたのだが、この時期の選手の去就についてはサポーターとして一喜一憂の毎日でもある。我らのクラブも同じで、加入する選手がいれば去っていく選手も当然存在する。プロなので当たり前といえば当たり前なのだが、それでも、同じチームの仲間と離れるのは本当に辛い。
誰もが一年に一度歳を取る。僕は選手じゃ無いのでなんとも言えないのだが、戦術に合う合わない、若手の台頭などもあるにはある。しかし、自分自身のプレーが満足にできなくなっていくことも大きな要因であるのではと感じる。これは決して選手の立場だけでは無いのかもしれない。

サポーターも勿論同様だ。セレッソサポーター第一世代と言われる年齢は相当に高い。スタジアムに来れなくなる人、セレッソ大阪から距離を取る人、若い頃から変わらずに続けている人、それぞれだ。そしてそれはまさに四半世紀を超える歴史を持つクラブだからこその勲章と言える。
そのような方々も選手と並ぶ”レジェンド”であると僕は声を大にして言いたいのだ。ご本人からしたらそんなことなど微塵とも思っていないだろうが、あの大きな旗に勇気づけられたのは、選手だけでなく声を作り出していた役目の僕にとっても心からのリスペクトしかないのが本音だ。

そんなレジェンドがまたひとり。だがこの御方もセレッソ大阪との絆が途絶えることは死ぬまで無いのだろう。そんな、僕にとってのスカイウォーカーのようなアミーゴに囲まれている人生が途轍もなく素晴らしい。歴史に一筋の皺を刻んだ方々への、感謝の思いをこの師走に乗せたい。

彼の”ラストマッチ”を大分で見れるのはこの上なく幸せだ。しかもゴール裏で。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

セレッソ大阪サポーターの歴史の話でもしようかなと。

Jリーグが3月に開催予定していたすべての試合を延期すると発表した。苦渋の決断でもあるし理解もできる。この状況で数万人規模のイベントは難しい。どのような日程になるのか。全試合を消化することが可能なのか。沈静化すらしていないなかでまだまだ余談を許さない時間が続いていく。

もちろん大人数の飲み会などというものも中止になっていく。今日も元々予定が入っていたのだが数日前に連絡が来た。まあ当然のことだろう。少しでも集団感染の危険性を回避できるよう、日本にいる全員が意識を高く持ってことに当たらないといけない、と改めて感じている次第でもある。

意識を高く、で少し思い出したことがある。とある事情で歴史を整理する仕事をしているのだがこれが結構骨が折れる。実施当時はそんなふうに何かを残していくことの意識がとてつもなく低く、あとに残された者に託された頃にはかなり大変な状況にもなる。企業などでは実によくある話だ。

多分サポーターもそうだ。Jリーグの各クラブでも「脈々と受け継がれる」ケースと、「そのもの自体取って代わられる」ケースの両方が存在している。国家の事例と比べる気などさらさら無いのだが、世界の中で日本という国の歴史がここまで続いてきたという話と、どこか似ている気がする。

セレッソ大阪のサポーターの歴史をまとめるのはそれほど難しく感じない。たとえゴール裏にいるメンバーが代替わりしていこうと「脈々と受け継がれ」ているのだろう。それは未だI4にいる古参のサポーターの方のおかげでもあるし、受け止める若い方々のおかげでもある。それこそが凄い。

そして、若い方々にはもっとセレッソ大阪サポーターの歴史を知ってもらいたいし、逆に僕らは意識を高く持ち、それらを伝えていかなければならない。そんなことを毎日のように考えている。落ち着いた頃に話をする機会を設けたい。その頃にはきっと格好の場所ができあがっているはずだ。

僕らのJリーグの火を灯し続けたいと思う。明日からは枠が許す限り(というか自分の裁量やろうが)歴史の話を多く取り入れていきたいなとも思う。ちょっと老害に近い状況を生み出すかも知れないが、それも歴史の一部だと思って受け止めてくれれば幸いである。さていつまで続くのやら。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

セレッソ関連。ミーティング三昧。

名古屋、大阪と旅をしているあいだにJリーグが新たな方針を発表した。3月15日までとしていた延期のプランを、4月再開催まで延ばす可能性があるとのことだ。「僕らからJリーグを取ったら一体何が残るのか」と思ってしまう方々同士で、お互い肩を抱き合って慰め合う日々が続いている。
そんななか、来年から我がクラブが利用する予定の「桜スタジアム」建設状況を見に来てみた。メインスタンドが結構な出来っぷりだ。どのような完成図なのかあまり知らないくせに、偉そうにスタジアムについて語ってよいのかと自分自身も思ってしまうのは”らしさ”と受け取って欲しい。

さて、二日目の大阪も当然ながらミーティング三昧。気の合ったアミーゴたちと対話する日々は充実していて本当に楽しい。昔からそうだがセレッソ大阪に関する案件。次から次へと新しいアイデアが生まれていくのでいつまで経っても話が尽きない。今日はそんなことを改めて実感している。
なんでこんなに楽しいのだろうか。やっぱり何かを創り上げていく過程が僕は好きだ。既存の仕組みを取っ払った、まさに、今までにないもの、今までになかったもの、僕らじゃないとできないもの、僕らだからこそ面白いもの。そんなものが近々に生まれる予感がしているのは伊達ではない。
新たな取り組みなので内容はまだまだ明かせないのが非常に辛い。これからは少しずつでもオープンにしていけるだろうか。考えているだけじゃなく動いてみるのが一番。「案ずるより産むが易し」。しっかりと準備をして、皆さんにお伝えできるよう、今後も努力していきたいと思っている。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP