スキップしてメイン コンテンツに移動

雨降りが好きだった理由。僕らが存在する理由。

台風が近づいている。最近では風水害も多く不謹慎ではあると思うが、子供の頃は雨降りの日が好きだった。しかしながら時を重ねるたびに好きという感情がなくなっていった気がする。先日に見た映画「天気の子」ではないのだが、恵みの雨があればそうでない雨の場合もある。

月曜、水曜、金曜と今週レゴ®シリアスプレイ®のワークショップが続く。対話の内容も全て違うのでドキュメント作成が目の前の課題だ。昨日一日かけてなんとかふたつのプレゼン資料を仕上げ(自分なりに)たので残りひとつ。類まれなる集中力の欠如と仕事が遅い性分を呪う。

「LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテーター」となって早いもので一年が経ったが、それにしても多くの方にお声をおかけいただいて非常に感謝している。この歳でもあるので体力とのトレードオフが必要だが、なんとかお役に立ちたい。

一年間ワークショップを行なってきてやはり感じるのは一年前にも書いた「声なき声に耳を傾ける」ことであると確信している。「好き」の反対語は「嫌い」ではなく「無関心」であることを僕は常々言い続けているが、言葉にならない思いは組織にとって何の足しにもならない。

不確実な世の中でもある。モヤっとしたこの感情のまま会議を進めるのかそれとも原点に立ち返って「自分たちは一体何者なのだろうか」「自分たちは何のために存在しているのだろうか」「自分たちはなぜここにいなければならないのだろうか」を再認識してみるのも手である。

個人的感想だが、チームが上手くいかない大半がこれらを意識しないまま「どうすれば」を探す旅に出てしまっている。そして、到底これらは自分たちだけでクリアできる問題ではない気もしている。だからこそコンサルタントだけでなく僕らファシリテーターが存在しているのだ。

僕は解決方法を指し示すこともできないし、正しい方向性を見出すこともできない。しかしながら組織やチームが進むべき道を照らし、掃き慣らし、歩きやすくすることはできるのかもしれない。その仕事が今の僕の心と身体にとって、間違いなくフィットしていると思っている。

もうそろそろ関東地域も雨が降ってくるはず。子供時代に好きだった理由のひとつに「雨上がりの虹」というご褒美があった。先日、出産祝いのお返しでLEGO®のペンを貰った。僕の前に今、虹がかかった。何となくではあったのだが進むべき道を照らしてくれていたようだった。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

WEリーグと「育成のセレッソ」の関係。

「育成のセレッソ」と言われ続けてきた。もちろん初めからそうだったわけでもなく、この長い期間を経てたどり着いたと言っても過言では無い。当然のことながら選手たちも人間。常に、我がクラブだけでプレイしていくだけが人生ではない。 僕らには「アカデミー史上最高の選手」などという派手な称号も必要ではなく、セレッソ大阪のDNAを持って、世界へ、そして他のクラブでプレイし続けてくれることが幸せでもある。現にそんな選手たちでサッカー界が満たされているのだ。 様々なところで話しているのだが、ハナサカクラブの前身の件で当時のクラブスタッフの方と話ししていたのがたしか2004年から2005年くらい。その前からも多くの場面でアカデミーをサポートする体制が整っていたのがセレッソサポーター。 その後、日本代表選手の育成や、なでしこリーグ参入という大きな目的を持ち、セレッソ大阪堺レディースがスタートした。この桜なでしこも、多くのサポーターに支えられて、日本のトップリーグで互角に戦えるほどの力を持つことができた。 10月17日。日本女子プロサッカーリーグ、通称WEリーグで参入を発表されたなかに、セレッソ大阪堺レディースの名前は存在しなかった。どういう経緯かなどは知るよしもないが、何となくデジャビュを感じてしまうのは僕だけではないだろう。 様々な書き物を見ていたら、青田買いの真っ只中に位置しているような感もなくはない。長年見続けてきた方のことを思うと何とも言えない気持ちになる。より高みを目指していく選手がいるはずだし、そうなるための育成でもあったとはいえ。 この先がどうなるかは僕ごときに分かるはずもない。しかしながらこれからも彼女たちの成長を見届けていくのだろう。色々な面で時間もかかることは間違いないが、素晴らしいこのチームの良さが前面に表れるような状況に期待をしている。 そんななかで、今日からトレーニングキャンプに入ったなでしこジャパン(候補)に、四名もの桜なでしこのメンバーが参加している。まずは素直に喜んでいる。存分にその存在感と才能を遺憾無く発揮して、これからの未来を支えて欲しい。 NEVER STOP,NEVER GIVE UP

黒パグ、「一粒万倍日と天赦日が重なる日」に、病院へ行く。

一ヶ月前に狂犬病注射とフィラリアの薬をもらいに通院した際、その帰りしなに先生から「来月、混合ワクチンを打ちに来て」と言われた。なので、この土曜日に黒パグを連れて病院に行ってきたのだが、そこで起こったことを書いてみる。 雨が振りそうな天気でもあり、どのワンコも早めに連れて行こうかなとなったのか、病院は思いのほか混んでいて密だった(とは言え3人しか入れない)。しばらくして僕らの番が回ってきたので、黒パグと僕はドアを開けて診察室に入った。 「変わりはない?」「あー、ちょっと時々お腹周りを布団でスリスリすることがあります」「じゃあ診察してみよう」ということで色々と診てもらった。黒パグの全体を見てもらったのちに先生が「うん、これは外耳炎」。え?耳ですか? 思いも寄らない回答だったので一瞬面食らった。先生は薬と綿棒(みたいなやつ)で耳の治療を始めた。黒パグと目が合ったので軽く覗き込んでみたら、「顔を見ない!」と先生から一喝された。治療中にワンコが集中できないからだそうだ。 良かれと思ったら叱られた。気を取り直して見ないようにしていたら、今度は黒パグに猿ぐつわが装着されていく。目と口をカバーするようにセットされたこのワンコはついに暴れることを諦めてしまった。大人しく治療を受け入れ始めた。 そしてようやく耳の治療が終わり、混合ワクチンの注射が終了して帰ろうかと思った瞬間、思いがけない一言を先生から聞かされた。「カビですね」。どういうこと・・・。要はこの時期、お風呂に入ったあとのケアが必要だということだ。 ツイてない日だったのかもしれないと心が叫びたがっていたが、未だ病院は密でもあったので止めておいた。少々想定外の出来事ばかりが起こったので、今日は厄日かよ、と思ってしまう。僕らはかゆみ止めなどの薬をもらって家路に着いた。 いやいや、待てよ。まったくもって厄日なんかじゃない。そうだ。今日は「一粒万倍日と天赦日が重なる日」だった、と宝くじ売り場を見て思い出した。まじまじと宝くじ売り場を見てみる。TOTOやBIGを見て、改めてサッカーの再開を喜んだ。 宝くじでも買ってみるか。「ドリームジャンボ20枚お願いします!」。店員さんが首をかしげている。「ドリームジャンボは終わったよ」。暑さで舌を大きく出しっぱなしの黒パグがこちらを見ていた。まるでニヤニヤ笑っているようだった。 NEVER STOP

コールリーダー論。

全ての面で良いか悪いかは別にして、僕が幕末明治の歴史が好きな理由のひとつに、個性的なリーダーが多いということが挙げられる。しかもそのリーダーが武力を中心とした人物だけでなく、武士の時代の終焉に向けた知識力や情報力に長けていた人物も数多く、急激な日本成長の立役者となっていった。 二十代三十代で政権交代(明治維新)を成し遂げ、数々の要職に付きながら年月を重ねていった志士たちも人間。人間だから一年に一度は歳を取る。次の代に受け継いでいく方がいる一方で、どうしてもその地位に居続ける方もいた(もちろん必要だったのもある)。継承とは本当に重要な事項だと感じる。 先日、セレッソ大阪ゴール裏のコールリーダーと話をしたときに感じたモヤモヤ(もちろん良い意味での)。そのモヤモヤ。このコールリーダーという立ち位置は、ある日突然生まれるものか、それとも、代々、綿々と受け継がれていくものなのか。これだけJリーグを見てきてもよく分からないのが本音だ。 他クラブはともかく、セレッソ大阪だけを見ていてもその流れがよく分かる気がする。当たり前のことだが人は毎年ひとつずつ歳を取っていき、その、わずかひとつの年齢を重ねるのと同時に、社会での責任もひとつ(どころではないだろうが)増えていく。当然、スタジアムを訪れる回数にも影響が出る。 スタジアムで大勢のサポーターのとともに、選手たちのその一足を踏み出させることができなくなっていき、信頼できる誰かにその任を引き渡していく。 CEREBAKA で話したなかでもオフレコな部分で、そのような話をしたことを思い出しながら、コールリーダーとは、如何に難しい生き物なのかと感じた。 次のコールリーダーで第7世代になるそうだ(信じるか信じないかはあなた次第)。得るものはとてつもなく少なく、逆に応援などになにか問題があれば真っ先に矢面に立たされる。それでも、だ。常にコールリーダーを目指しているサポーターは少なくない。責任同様に、これはまるで社会の縮図のようだ。 コールリーダーという立ち位置はやってみなければ分からない。他の方や選手たちであってもこれは多分理解できないだろう。それを受け継いでいくのだ。かなりの志でないとやっていけない。 ユズリハ という木は、前年の古い葉は新しい葉が出るまで待って、その場を譲るかのように落葉していくらしい。 CEREBAKA EPISODE1「