スキップしてメイン コンテンツに移動

【対談】編集長がオーナーに聞いてみた <その3>。

今回のテーマはセレッソ女子。いわゆる「セレ女」。ブームだったかどうか(そういう定義もどうかとは思うが)はさておき、彼女たちが支えていると言っても過言ではないだろう。。スタジアムの雰囲気やソーシャルメディアなどを拝見していても、その素敵な空気に満ち満ちている。

今では「セレ女」と言うキーワードを発することもないくらい、セレッソ大阪サポーターは老若男女様々な方々が自然と集まる良い組織になっているなと感じる。「美学生図鑑」編集長で、かつご自身がカメラマンでもある辻村さんからの質問と併せて今回も拝読いただければ幸いである。

(全て当時書き起こしていただいたママ)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※ここからは、事前に用意していた質問を伊庭さんに聞いてみます。

■セレ女ブームについて
 
轟:
少し前に「セレ女」という言葉が出てきたじゃないですか。これについてはどう思いますか?

伊庭:
例えば、柿谷選手のサッカーをやっている姿を見たら、女子じゃなくても男でもシビれるじゃないですか。やっぱりそういうところに惹かれている、ってところもあると思うんですよね。

サッカーの質によって、ついてくるファンの数が変わるっていうのは大きいかもしれない。

女子も増えているのかもしれないけど、男のほうが圧倒的に増えているという気が僕はしますね。

極論の話をすると、ある程度、ゴール裏は「男の文化」的なところがどうしてもあると思うし、それは避けて通れないみたいなところがあります。

男女について言うつもりはないです。言うつもりはないんですけど、男と男のほうが、殴り合ってわかる、ということがあるんやろなとは思います。

例えば、殴り合いの喧嘩やったあととか結構仲良くなったりすることってありますよね、男って。そういうのがスタジアムでは結構多いと思います。

でもやっぱり、女子のパワーっていうのは絶対あったほうがいいと思うし、受け入れていくべきやとは思いますよね。

でも、セレ女がどういうところに喜びを感じてどういうところに嬉しさを感じて・・・というポイントが、俺はあんまりわかってなくて。

例えば、スタジアムに行ったことがないけど、自分のことをセレ女やと思っている人がどんだけいるんやろとか。

練習場だけ行ってスタジアムには行ったことがない、 テレビで応援するけどスタジアムには行ったことがない みたいな人たちは、どういうところに楽しみを持ってやっているんやろとか、そういうのを仮説立ててみても面白いかなと思います。

あと、セレ女というものがステータスとして確立して、自分たちがセレ女としてどうするべきかということを彼女たちが考え出したら、多分すごく強い仲間になると思うんですよね。

セレ女の居場所をセレ女自身が作る、もしくはセレ女の居場所をどっかで作る、というのをやったらいいと思いますよ。

■カメラを通してできること
 
轟:
辻村さんは、Webメディアの編集長・カメラマンという、サッカーと絡められそうな魅力的な仕事をされているんですが、何かセレッソと絡めてこんなんしてみたらいいなと思うことはありますか?

伊庭:
ちょっと話はそれるかもしれないけれど、セレッソができたのが約20年前なんで、20年前に生まれた人はちょうど20歳くらいということじゃないですか。

(もし自分がその立場だったら)高校や中学を卒業する時とか就活をする時に、セレッソとどう関わっていくかっていう悩みみたいなんが多分あったと思います。

ひとつは、セレッソのクラブの中に入ったり何かしらセレッソと関わりのある仕事に就いて働くという形。もうひとつは、働いたお金でクラブに何かを還元したいという形。

俺は18歳のときに会社に入って、その頃はちょうどバブルの全盛期でした。会社に入って4年目くらいのときにJリーグができて、最初はガンバ大阪を観に行ったりして、Jリーグってすごいなと思ったんです。

93年の夏にセレッソができるってときに一番最初に思ったのは、サポーターっていうものを「すごく」したいなというのと、もうひとつは、どうしたらうちの会社はセレッソのスポンサーになれるんやろって。

どうやったら会社というものがスポンサーになるきっかけになるんやろとかみたいなことを考えたりしていました。そういう二面的な入り方はあるかもしれないですね。

金を出して口も出すというタイプと、手とか足とかを出してセレッソのために何とかする、というふたつがあるかなと。

蹴球堂のときも最初、どっちかというと自分が汗水垂らして何かをするというのはあんまりしたくなくて(笑)

俺はスポンサーになりたかったから、年間に50万円とか100万円をクラブに納めて、クラブのスポンサーになれるんやったら、そっから手始めにやろうかなと思ったくらいですから。

そういう意味で多分2パターン可能性があると思います。



話は本題に戻りますけど、写真撮影の技術を持った人のセレッソとの関わり方に関して。

サポーターをフィーチャーする点で何か絡めたらいいかなと思います。

昔、Jリーグのサポーターを取り上げた雑誌なんかもあったりして取材を受けたりもしたけど、やっぱりもっと一人ひとりのサポーターをフィーチャーしたメディアがあればいいかなぁという気がしますね。

例えば20年の間にやっぱりね、多くの人が亡くなってるんですよ、セレッソのサポーターも。

その人たちが忘れ去られてるわけですよ。風化されていくわけですよ。

そういう人たちをもう少し取り上げてもいいかなと。

一人ひとりが偉大な人やと思ってるし、こんなにセレッソが好きでセレッソに愛を注いでいた人がいたという歴史を全部残せたら、
「やっぱりセレッソってちゃうやんけ!」
っていうクラブになっていくかなと思います。

どっちかというと、今いる人たち以上に、いなくなった人たちの方に俺はなんかノスタルジーを感じるんですよね。

もしかしたら50年後100年後とかに、
「俺はもうお墓は要らないからセレッソのあのページにだけ載せてくれ」
「長居スタジアムに散骨してくれ」
とかあったらいいのにね、って思います。

写真とか記事で、多くのセレッソに関わる人たちに歴史を伝えることができたりする、そんなメディアがあればいいかなとずっと考えてます。

次に続く。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

WEリーグと「育成のセレッソ」の関係。

「育成のセレッソ」と言われ続けてきた。もちろん初めからそうだったわけでもなく、この長い期間を経てたどり着いたと言っても過言では無い。当然のことながら選手たちも人間。常に、我がクラブだけでプレイしていくだけが人生ではない。 僕らには「アカデミー史上最高の選手」などという派手な称号も必要ではなく、セレッソ大阪のDNAを持って、世界へ、そして他のクラブでプレイし続けてくれることが幸せでもある。現にそんな選手たちでサッカー界が満たされているのだ。 様々なところで話しているのだが、ハナサカクラブの前身の件で当時のクラブスタッフの方と話ししていたのがたしか2004年から2005年くらい。その前からも多くの場面でアカデミーをサポートする体制が整っていたのがセレッソサポーター。 その後、日本代表選手の育成や、なでしこリーグ参入という大きな目的を持ち、セレッソ大阪堺レディースがスタートした。この桜なでしこも、多くのサポーターに支えられて、日本のトップリーグで互角に戦えるほどの力を持つことができた。 10月17日。日本女子プロサッカーリーグ、通称WEリーグで参入を発表されたなかに、セレッソ大阪堺レディースの名前は存在しなかった。どういう経緯かなどは知るよしもないが、何となくデジャビュを感じてしまうのは僕だけではないだろう。 様々な書き物を見ていたら、青田買いの真っ只中に位置しているような感もなくはない。長年見続けてきた方のことを思うと何とも言えない気持ちになる。より高みを目指していく選手がいるはずだし、そうなるための育成でもあったとはいえ。 この先がどうなるかは僕ごときに分かるはずもない。しかしながらこれからも彼女たちの成長を見届けていくのだろう。色々な面で時間もかかることは間違いないが、素晴らしいこのチームの良さが前面に表れるような状況に期待をしている。 そんななかで、今日からトレーニングキャンプに入ったなでしこジャパン(候補)に、四名もの桜なでしこのメンバーが参加している。まずは素直に喜んでいる。存分にその存在感と才能を遺憾無く発揮して、これからの未来を支えて欲しい。 NEVER STOP,NEVER GIVE UP

黒パグ、「一粒万倍日と天赦日が重なる日」に、病院へ行く。

一ヶ月前に狂犬病注射とフィラリアの薬をもらいに通院した際、その帰りしなに先生から「来月、混合ワクチンを打ちに来て」と言われた。なので、この土曜日に黒パグを連れて病院に行ってきたのだが、そこで起こったことを書いてみる。 雨が振りそうな天気でもあり、どのワンコも早めに連れて行こうかなとなったのか、病院は思いのほか混んでいて密だった(とは言え3人しか入れない)。しばらくして僕らの番が回ってきたので、黒パグと僕はドアを開けて診察室に入った。 「変わりはない?」「あー、ちょっと時々お腹周りを布団でスリスリすることがあります」「じゃあ診察してみよう」ということで色々と診てもらった。黒パグの全体を見てもらったのちに先生が「うん、これは外耳炎」。え?耳ですか? 思いも寄らない回答だったので一瞬面食らった。先生は薬と綿棒(みたいなやつ)で耳の治療を始めた。黒パグと目が合ったので軽く覗き込んでみたら、「顔を見ない!」と先生から一喝された。治療中にワンコが集中できないからだそうだ。 良かれと思ったら叱られた。気を取り直して見ないようにしていたら、今度は黒パグに猿ぐつわが装着されていく。目と口をカバーするようにセットされたこのワンコはついに暴れることを諦めてしまった。大人しく治療を受け入れ始めた。 そしてようやく耳の治療が終わり、混合ワクチンの注射が終了して帰ろうかと思った瞬間、思いがけない一言を先生から聞かされた。「カビですね」。どういうこと・・・。要はこの時期、お風呂に入ったあとのケアが必要だということだ。 ツイてない日だったのかもしれないと心が叫びたがっていたが、未だ病院は密でもあったので止めておいた。少々想定外の出来事ばかりが起こったので、今日は厄日かよ、と思ってしまう。僕らはかゆみ止めなどの薬をもらって家路に着いた。 いやいや、待てよ。まったくもって厄日なんかじゃない。そうだ。今日は「一粒万倍日と天赦日が重なる日」だった、と宝くじ売り場を見て思い出した。まじまじと宝くじ売り場を見てみる。TOTOやBIGを見て、改めてサッカーの再開を喜んだ。 宝くじでも買ってみるか。「ドリームジャンボ20枚お願いします!」。店員さんが首をかしげている。「ドリームジャンボは終わったよ」。暑さで舌を大きく出しっぱなしの黒パグがこちらを見ていた。まるでニヤニヤ笑っているようだった。 NEVER STOP

コールリーダー論。

全ての面で良いか悪いかは別にして、僕が幕末明治の歴史が好きな理由のひとつに、個性的なリーダーが多いということが挙げられる。しかもそのリーダーが武力を中心とした人物だけでなく、武士の時代の終焉に向けた知識力や情報力に長けていた人物も数多く、急激な日本成長の立役者となっていった。 二十代三十代で政権交代(明治維新)を成し遂げ、数々の要職に付きながら年月を重ねていった志士たちも人間。人間だから一年に一度は歳を取る。次の代に受け継いでいく方がいる一方で、どうしてもその地位に居続ける方もいた(もちろん必要だったのもある)。継承とは本当に重要な事項だと感じる。 先日、セレッソ大阪ゴール裏のコールリーダーと話をしたときに感じたモヤモヤ(もちろん良い意味での)。そのモヤモヤ。このコールリーダーという立ち位置は、ある日突然生まれるものか、それとも、代々、綿々と受け継がれていくものなのか。これだけJリーグを見てきてもよく分からないのが本音だ。 他クラブはともかく、セレッソ大阪だけを見ていてもその流れがよく分かる気がする。当たり前のことだが人は毎年ひとつずつ歳を取っていき、その、わずかひとつの年齢を重ねるのと同時に、社会での責任もひとつ(どころではないだろうが)増えていく。当然、スタジアムを訪れる回数にも影響が出る。 スタジアムで大勢のサポーターのとともに、選手たちのその一足を踏み出させることができなくなっていき、信頼できる誰かにその任を引き渡していく。 CEREBAKA で話したなかでもオフレコな部分で、そのような話をしたことを思い出しながら、コールリーダーとは、如何に難しい生き物なのかと感じた。 次のコールリーダーで第7世代になるそうだ(信じるか信じないかはあなた次第)。得るものはとてつもなく少なく、逆に応援などになにか問題があれば真っ先に矢面に立たされる。それでも、だ。常にコールリーダーを目指しているサポーターは少なくない。責任同様に、これはまるで社会の縮図のようだ。 コールリーダーという立ち位置はやってみなければ分からない。他の方や選手たちであってもこれは多分理解できないだろう。それを受け継いでいくのだ。かなりの志でないとやっていけない。 ユズリハ という木は、前年の古い葉は新しい葉が出るまで待って、その場を譲るかのように落葉していくらしい。 CEREBAKA EPISODE1「