スキップしてメイン コンテンツに移動

サポーターの”セブンセンシズ”とは何なのか。

昨年末に講演会「サポーター・アイデンティティ ~We will always be here,ever~」を三部作で書いた(というか転載しただけ)ときに感じたのが、人生の実に半分以上をセレッソ大阪とともに過ごしてきたということだ。頭の中も内臓も、五感すらも全部染まっているように思えてくる。

”小宇宙(コスモ)”というものが人間の可能性として備わっているならば(少なくとも僕は信じている)、セレッソ大阪に関する場面場面において僕が撮ってきた様々な写真は、まさに”小宇宙を超える何か”が巻き起こしたとしか言いようがない。それくらい不思議な縁が数多く存在した。

新しい家(と言っても借家)に引っ越してきて久々に片付けを行なっていたところ、とても懐かしい写真が出てきたのだ。当時は兎に角チェキにハマっており撮りまくっていた記憶が蘇る。そう言えば今そのチェキが再流行していると聞き、コマーシャルも流れていて非常にビックリした。

アミーゴたちとの写真。みんな若い。外国人のジェントルマンが真ん中にいる。名前が一部しか出てこず、僕はインターネットで検索する。すぐ出てきた。レスリー・モットラムさんだ。懐かしい。この階段の感じ、一体何処のスタジアムなのだろ、いや一撃で理解した。万博陸上競技場だ。

インターネットは実に便利だ。いろいろな情報がそこには存在し、短い言葉ひとつですぐに辿り着くことができる。ところでこの写真。一体、いつのものなのだろう。裏面などを見ても一切書かれておらず、仕方なく僕はパソコンを開いて検索を始める。「モットラム ダービー 万博」と。

1999年5月15日。2-1で勝利している。この試合をよく憶えていないが、黄善洪さんの終了間際のゴールで大阪ダービーを三連勝(ちなみに二年連続シーズンダブルの四連勝だった)したというページが出てきた。この年、我らがアイドル真妃ちゃんが『おはようセレッソ!』の担当となった。

あの頃はほとんどインターネットなどというツールが今ほど使い物になっておらず、かなり苦労しながら物事を探したりしていたのだろうが、このようにして現在では大昔の20年前のことでさえ鮮明に蘇ってくるのだ。本当に凄い時代でもあり、空恐ろしい時代でもあるとおじさんは感じる。

さて、この1999年は、前述の黄善洪さんが24得点を獲り、セレッソ大阪に初めてのタイトル「Jリーグ得点王」をもたらした年でもある。総ゴール数は60点を越え、前年から続く爆発的な攻撃スタイルを確立したのもこのシーズン。なんやなんや、次から次へとワンサカ出てくるではないか。

勿論良い話ばかりではない。9月。僕らによくしてくださっていた久高友雄さんが、明けた年にはアミーゴのサポーターが若くして他界した。この方々を含め、僕らセレッソ大阪サポーターは多くのものを背負ってこれからも戦い続けることが大事なのだな、と一枚の写真から気付かされた。

僕らセレッソ大阪サポーターはひとつだ。クリックひとつで思い出を引き出せるような、そんな時代になったとしても、手元に残る写真たちから僕は何かをいただき続けることができる。まさに小宇宙を超えた”セブンセンシズ”。僕ら聖闘士は聖衣を身にまとい、一歩ずつ前に進んでいく。

余談だがモットラムさん。僕の中でベストバウトと勝手に位置付けている2000年5月20日の雨の三ツ沢。歴史に残る横浜F・マリノス戦の笛を吹いていたという事実に僕は行き着いた。先日訪れたばかりで何という縁なのだろうかと背中が寒くなるのは、一桁気温の天気のせいだけではない。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

スカイウォーカーがまたひとり。

毎年のことだがどれだけ忘れれば良いのかと思うくらい忘年会の予定が入っている。多くの方々と2019年について語り合うのは本当に楽しいし学びの場でもある。今年の年末はセレッソ大阪関連の試合もほぼ無いに等しいので、できうる限り参加したいと考えているがどうなるだろうか。

年の瀬は良い映画が目白押しとなる。素人映画好きを自称する身としては楽しみが止まらないわけだが、シリーズが完結する作品もあったりと悲喜交交な毎日を過ごすことになりそうな予感の今年の師走。そこに、別れという言葉は不釣り合いなのかもしれないがひとつの決断があった。

先日にも書いたのだが、この時期の選手の去就についてはサポーターとして一喜一憂の毎日でもある。我らのクラブも同じで、加入する選手がいれば去っていく選手も当然存在する。プロなので当たり前といえば当たり前なのだが、それでも、同じチームの仲間と離れるのは本当に辛い。
誰もが一年に一度歳を取る。僕は選手じゃ無いのでなんとも言えないのだが、戦術に合う合わない、若手の台頭などもあるにはある。しかし、自分自身のプレーが満足にできなくなっていくことも大きな要因であるのではと感じる。これは決して選手の立場だけでは無いのかもしれない。

サポーターも勿論同様だ。セレッソサポーター第一世代と言われる年齢は相当に高い。スタジアムに来れなくなる人、セレッソ大阪から距離を取る人、若い頃から変わらずに続けている人、それぞれだ。そしてそれはまさに四半世紀を超える歴史を持つクラブだからこその勲章と言える。
そのような方々も選手と並ぶ”レジェンド”であると僕は声を大にして言いたいのだ。ご本人からしたらそんなことなど微塵とも思っていないだろうが、あの大きな旗に勇気づけられたのは、選手だけでなく声を作り出していた役目の僕にとっても心からのリスペクトしかないのが本音だ。

そんなレジェンドがまたひとり。だがこの御方もセレッソ大阪との絆が途絶えることは死ぬまで無いのだろう。そんな、僕にとってのスカイウォーカーのようなアミーゴに囲まれている人生が途轍もなく素晴らしい。歴史に一筋の皺を刻んだ方々への、感謝の思いをこの師走に乗せたい。

彼の”ラストマッチ”を大分で見れるのはこの上なく幸せだ。しかもゴール裏で。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

台風15号により被害を受けた方々へ。今できることを今行なう。

前回と同じようなスタートになるのかもしれないが、僕らの日本にはJリーグという素晴らしい仕組みがある。日本全国に50を超えるクラブが存在し、共に手を取り、日本サッカーの発展を目指して頑張ってきたし、今もそれは継続されている。クラブとクラブの友情も勿論である。
サッカーショップ蹴球堂長居店はセレッソ大阪だけでなく、そんな多くのJリーグクラブのファン、サポーターにも支えられてここまで来た。今はWebサイトだけで運営をしているのだが、その気持ちだけはずっと変わらず今ここにある。だからこそ僕らは今も存在し続けられている。

そんななか。台風15号の被害が甚大な千葉県。その千葉に本拠地を置くジェフユナイテッド市原・千葉ホームタウンの被害状況と不足物資についての詳細を「ジェフサポーター有志の会」から聞いた。僕が思っている以上に厳しい環境に置かれていることに、改めて気付かされた。

何かできることをと思っていたらセレッソ大阪ゴール裏サポーター有志も動き出しているようだ。蹴球堂としても少しでもチカラになれればと思いチャリティー商品の販売を開始した。微力ではある。だがその微力を結集して被害を受けた方々へのサポートができればと考えている。

既に数名のサポーターの方からご購入いただいたこともあり早速ブルーシートなどを手配した。セレッソファンとしても若い頃から多くのサッカー、Jリーグファンから支援を貰ったりした。今できることを今行なうのが僕らのやり方だ。皆様のご協力、どうぞよろしくお願いします。

サッカーショップ蹴球堂BASE店

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

「私は、そもそも人間というものに向いてないのですよ」。

誰かが誰かを応援するには勿論のことながら理由が存在する。例えば病気がちだった子供の頃に勇気を貰ったとか、近所でも評判の”ちゃんと挨拶できる子”だったとか。応援する側にもされる側にもそれぞれの論理があり、それが実に美しく調和されているところに僕は惹かれる。

若い頃から「アイドル」という生物学的行動体に惚れてしまう体質でもあった。大手を振って世界の中心で叫べるほどではないが、聖子ちゃん明菜ちゃん、おニャン子クラブに始まり今日に至る過程の中にも、ある意味特別でれっきとした僕なりのこだわりが散りばめられている。

最近ではご当地アイドルと銘打って日本全国(いや世界中か)にアイドルグループが存在し、いつでもどこでもアイドルと触れ合える機会を持つことが可能になっている。オジサンとなった今でも彼女たちの情熱に感化され応援し続けている方が僕の周りにもことさら多いのだ。

3年前の5月。アミーゴの某監督からの要請で参加した「ロリさつ」という作品により知った秋葉原女優アイドル・プロジェクト『ピカ☆マイ』。今年7月に解散したものの、ことあるごとに応援し続けてきた。その流れで映画「星を捨てて」を見るために池袋シネマ・ロサを訪れた。

内容そのものはアイドルものでありSFっぽいところあり涙あり感動あり。僕はただの映画好きなので細かい話はするつもりは毛頭無いが、ひとつだけ言えることとすれば特定のワンフレーズにとてつもない共感を得る結果となったのだ。映画の中の女子高生から教わったのだ。

「私は、そもそも人間というものに向いてないのですよ」

ポスターやフライヤーでは何遍もこの言葉を見てきたにも関わらず、映画の冒頭でこの台詞を聴いた瞬間、僕は何もかもを見透かされたような気持ちになってしまった。この思いを誰かに知ってほしいわけでは無いのだが、多分何も感じない人には到底想像もつかないのだろう。

老いも若きもなく映画に心動かされることは少なくない。どんな映画であろうとそのワンカットワンカットから発せられる極上の言葉が溢れ出してくる。「私は、そもそも人間というものに向いてないのですよ」もしこの言葉に惹かれたのなら、是非池袋に足を運んでみてほしい。

アイドルだからとか若い子たちはちょっと・・・ではなく、是非、素の彼女たちを見てほしいと切に願う。僕は何の影響力も持たないが彼女たちを応援することくらいはできる。こんな…