スキップしてメイン コンテンツに移動

【対談】編集長がオーナーに聞いてみた <その1>。

嬉しい出来事は突然やってくるものだ。皆さんは「セレサポ企画部」というコミュニティをご存知だろうか。そのセレサポ企画部の中核であり「美学生図鑑」編集長を務めておられる辻村さんからメンションをいただいたことにより、多くのことを思い出すというハッピーが訪れたのだった。

そんな経緯から以前こちらでも書かせていただいた「サポーター・アイデンティティ  ~We will always be here,ever~」同様に、今回は大阪スポーツカンファレンスの盛江代表と轟さんが企画した、辻村さんと僕との対談(良いこと言っいてると褒められた)を4回に渡ってシェアしていきたい。

(全て当時書き起こしていただいたママ)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

■はじめに
大阪スポーツカンファレンス代表の盛江がある日、何気なくTwitterをしていたら、今年の2月に大阪スポーツカンファレンスが開催させていただいた、伊庭雅浩さんの講演会のイベントレポートをリツイートしてくだった方がいらっしゃいました。

その方は、今大学生の間で話題の美男美女大学生の写真&インタビューサイト「美学生図鑑」の編集長を務めている”つじちゃん”こと、辻村真依子さん。

辻村さんはセレッソ大阪のサポーターで、高校時代はホーム・アウェイ関わらずほとんどの試合を現地に駆けつけて応援していました。

2009年にはセレッソ大阪のホームゲームで大型ビジョンの映像中継カメラマンという大役を務め、少し前にはフットボールWebマガジンQolyのインタビュー記事にも取りあげられたこともあります。

そんな辻村さんがサッカーショップ蹴球堂オーナーの伊庭さんの講演会の内容に感銘し、伊庭さんに会ってみたいとおっしゃってるではありませんか。

伊庭さんと辻村さんが対談するとどうなるのか?
なにより自分自身が楽しみだ、と。

代表の盛江は、あまりなにも考えず対談をセッティングします。誰もが何をするのかわからないまま当日を迎え、すったもんだがありながら、対談はスタートしたのでした。

■伊庭さんと、辻村さん

盛江:
辻村さんが「サポーター・アイデンティティ」のイベントレポートを読んで、伊庭さんに会いたいとツイッターで言ってくださっていて。

美学生図鑑の編集長、そしてカメラマンという場で活躍している辻村さんと伊庭さんがお会いしたらどんな話題になるのか、という興味から今回の対談を企画しました。

伊庭:
辻村さんのことは昔からなんとなく知ってるんですよ。たぶん、mixiとかでつながっていたんじゃないかなぁ。

でも、喋ったこともないし、こうやって面と向かったこともないんじゃないかなぁ。なので、こういう機会になって良かったなぁと思っています。

辻村:
そうですね。

伊庭:
お互いの存在を認識し始めたのは、辻村さんが高校生くらいの頃ですよね。 なんとなく、頑張っているなぁと思って見ていました。

辻村さんは何がきっかけでセレッソを好きになったんですか?

辻村:
最初のきかっけは大久保嘉人選手(現川崎フロンターレ)です。アテネ五輪の頃、日本代表の試合を観てなんとなくカッコイイなぁと思って。

ほんとにミーハーな感じで好きになりましたね。

それで所属チームを見たらセレッソだったんで、生の大久保選手観に行けるやん!と思ってスタジアムに足を運んで。

今でいうセレ女みたいなもんでしょうか。

伊庭:
ああ、そうなんですね。

辻村:
それで、ちょいちょい試合を観に行くようになって。

大久保選手は途中でマジョルカに移籍しましたけど、それからもセレッソの試合はたまに観に行っていました。

2005年、J1優勝をあと一歩で逃したあの最後の試合(FC東京戦)で、初めてゴール裏で立って応援をして、目の前で優勝を逃して。

そのときに
「(この試合に限らず)どこかで一点取れていたら、一点防げていたら、優勝できたのに」
という後悔が押し寄せてきたんですよね。

で、一点くらいならサポーターの力でどうにかできたんじゃないかなという想いがすごくあって。

当時、自分は内部事情はまったく知らなかったんですけど、セレッソのスタジアムの雰囲気とか応援を観ていて、物足りなさというか、まだまだやれるぞって気がしていたんです。

で、何か自分でアクションを起こしたいと思って、翌年に同じ志を持った人たちと一緒に新しいサポーターグループを立ち上げました。

その頃はまだI4(長居スタジアムで昔から熱狂的サポーターが集まるゲート)にはいなかったんですけど、ちょいちょいI4の人とも関わりを持ちながら、アウェイの試合とかも行くようになったりして、どんどん熱くなっていきましたね。

伊庭:
それからずっと、スタジアムに行っていたんですか?

辻村:
平日のアウェイとかは行けない時もありましたけど、高校時代はほとんど全試合スタジアムに駆けつけて応援してましたね。

盛江:
I4の人達と話すようになったきっかけって、向こうから来たんですか?

辻村:
2006年にI4に太鼓を叩く人がいなくなった時期があって、その時に私が所属していたサポーターグループに太鼓をやっている人がいて。

で、こっち来いよってコールリーダーの方に言われて一緒にI4の方に行きました。

その後、I4の人たちのミーティングに参加する機会があって、話を聞いてみたらすごく熱い人達やなぁって感じて。 自分の熱い思いも伝えるようになって、そのうちに一緒に活動することになっていきました。

伊庭:
素晴らしいですね。

次に続く。

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

コメント

このブログの人気の投稿

スカイウォーカーがまたひとり。

毎年のことだがどれだけ忘れれば良いのかと思うくらい忘年会の予定が入っている。多くの方々と2019年について語り合うのは本当に楽しいし学びの場でもある。今年の年末はセレッソ大阪関連の試合もほぼ無いに等しいので、できうる限り参加したいと考えているがどうなるだろうか。

年の瀬は良い映画が目白押しとなる。素人映画好きを自称する身としては楽しみが止まらないわけだが、シリーズが完結する作品もあったりと悲喜交交な毎日を過ごすことになりそうな予感の今年の師走。そこに、別れという言葉は不釣り合いなのかもしれないがひとつの決断があった。

先日にも書いたのだが、この時期の選手の去就についてはサポーターとして一喜一憂の毎日でもある。我らのクラブも同じで、加入する選手がいれば去っていく選手も当然存在する。プロなので当たり前といえば当たり前なのだが、それでも、同じチームの仲間と離れるのは本当に辛い。
誰もが一年に一度歳を取る。僕は選手じゃ無いのでなんとも言えないのだが、戦術に合う合わない、若手の台頭などもあるにはある。しかし、自分自身のプレーが満足にできなくなっていくことも大きな要因であるのではと感じる。これは決して選手の立場だけでは無いのかもしれない。

サポーターも勿論同様だ。セレッソサポーター第一世代と言われる年齢は相当に高い。スタジアムに来れなくなる人、セレッソ大阪から距離を取る人、若い頃から変わらずに続けている人、それぞれだ。そしてそれはまさに四半世紀を超える歴史を持つクラブだからこその勲章と言える。
そのような方々も選手と並ぶ”レジェンド”であると僕は声を大にして言いたいのだ。ご本人からしたらそんなことなど微塵とも思っていないだろうが、あの大きな旗に勇気づけられたのは、選手だけでなく声を作り出していた役目の僕にとっても心からのリスペクトしかないのが本音だ。

そんなレジェンドがまたひとり。だがこの御方もセレッソ大阪との絆が途絶えることは死ぬまで無いのだろう。そんな、僕にとってのスカイウォーカーのようなアミーゴに囲まれている人生が途轍もなく素晴らしい。歴史に一筋の皺を刻んだ方々への、感謝の思いをこの師走に乗せたい。

彼の”ラストマッチ”を大分で見れるのはこの上なく幸せだ。しかもゴール裏で。
NEVER STOP,NEVER GIVE UP

台風15号により被害を受けた方々へ。今できることを今行なう。

前回と同じようなスタートになるのかもしれないが、僕らの日本にはJリーグという素晴らしい仕組みがある。日本全国に50を超えるクラブが存在し、共に手を取り、日本サッカーの発展を目指して頑張ってきたし、今もそれは継続されている。クラブとクラブの友情も勿論である。
サッカーショップ蹴球堂長居店はセレッソ大阪だけでなく、そんな多くのJリーグクラブのファン、サポーターにも支えられてここまで来た。今はWebサイトだけで運営をしているのだが、その気持ちだけはずっと変わらず今ここにある。だからこそ僕らは今も存在し続けられている。

そんななか。台風15号の被害が甚大な千葉県。その千葉に本拠地を置くジェフユナイテッド市原・千葉ホームタウンの被害状況と不足物資についての詳細を「ジェフサポーター有志の会」から聞いた。僕が思っている以上に厳しい環境に置かれていることに、改めて気付かされた。

何かできることをと思っていたらセレッソ大阪ゴール裏サポーター有志も動き出しているようだ。蹴球堂としても少しでもチカラになれればと思いチャリティー商品の販売を開始した。微力ではある。だがその微力を結集して被害を受けた方々へのサポートができればと考えている。

既に数名のサポーターの方からご購入いただいたこともあり早速ブルーシートなどを手配した。セレッソファンとしても若い頃から多くのサッカー、Jリーグファンから支援を貰ったりした。今できることを今行なうのが僕らのやり方だ。皆様のご協力、どうぞよろしくお願いします。

サッカーショップ蹴球堂BASE店

NEVER STOP,NEVER GIVE UP

「私は、そもそも人間というものに向いてないのですよ」。

誰かが誰かを応援するには勿論のことながら理由が存在する。例えば病気がちだった子供の頃に勇気を貰ったとか、近所でも評判の”ちゃんと挨拶できる子”だったとか。応援する側にもされる側にもそれぞれの論理があり、それが実に美しく調和されているところに僕は惹かれる。

若い頃から「アイドル」という生物学的行動体に惚れてしまう体質でもあった。大手を振って世界の中心で叫べるほどではないが、聖子ちゃん明菜ちゃん、おニャン子クラブに始まり今日に至る過程の中にも、ある意味特別でれっきとした僕なりのこだわりが散りばめられている。

最近ではご当地アイドルと銘打って日本全国(いや世界中か)にアイドルグループが存在し、いつでもどこでもアイドルと触れ合える機会を持つことが可能になっている。オジサンとなった今でも彼女たちの情熱に感化され応援し続けている方が僕の周りにもことさら多いのだ。

3年前の5月。アミーゴの某監督からの要請で参加した「ロリさつ」という作品により知った秋葉原女優アイドル・プロジェクト『ピカ☆マイ』。今年7月に解散したものの、ことあるごとに応援し続けてきた。その流れで映画「星を捨てて」を見るために池袋シネマ・ロサを訪れた。

内容そのものはアイドルものでありSFっぽいところあり涙あり感動あり。僕はただの映画好きなので細かい話はするつもりは毛頭無いが、ひとつだけ言えることとすれば特定のワンフレーズにとてつもない共感を得る結果となったのだ。映画の中の女子高生から教わったのだ。

「私は、そもそも人間というものに向いてないのですよ」

ポスターやフライヤーでは何遍もこの言葉を見てきたにも関わらず、映画の冒頭でこの台詞を聴いた瞬間、僕は何もかもを見透かされたような気持ちになってしまった。この思いを誰かに知ってほしいわけでは無いのだが、多分何も感じない人には到底想像もつかないのだろう。

老いも若きもなく映画に心動かされることは少なくない。どんな映画であろうとそのワンカットワンカットから発せられる極上の言葉が溢れ出してくる。「私は、そもそも人間というものに向いてないのですよ」もしこの言葉に惹かれたのなら、是非池袋に足を運んでみてほしい。

アイドルだからとか若い子たちはちょっと・・・ではなく、是非、素の彼女たちを見てほしいと切に願う。僕は何の影響力も持たないが彼女たちを応援することくらいはできる。こんな…